テクノロジー・動画・写真・デザインとか

WordPress 3のマルチサイト運用のためのデータ移行方法

さて、Wordpress3が公開されてから、しばし時間が経過したが、新機能マルチサイトを使うためのデータの移行方法を探ってみよう。

現在、複数のブログをサブドメインで運用しているが、これらをマルチサイト機能を使って一括管理したいのだが、Wordpress 3は新規インストールではないため、既存のサブドメインで運用しているデータの移行をスムーズに行わなければならない。

■スペックとしては、こんな感じ。
・メインサイト hoge.com
 ├Wordpress 3 にアップデート済み(新規インストールではない)
 └このサイトをメインで運用。
・サブドメインサイト sub.hoge.com
 ├既に運用中。
 └このデータをマルチサイト機能に組み込む。

うし、いくぜ。

データベースのバックアップ

まずは、失敗した時のために、バックアップは必要だ。
データベースのバックアップ用プラグインがあるが、ここは男なら黙ってphpMyAdminでデータをバックアップだ。
phpMyAdminを開き、「エクスポート」を選択し、下記の項目をチェックして実行だ。
・SQL

・構造
・DROP TABLEを追加
・AUTO_INCREMENT 値を追加する
・テーブル名やフィールド名を逆クォートで囲む

・データ
・完全な INSERT 文を作成する
・長い INSERT 文を作成する
・バイナリフィールドでは 16 進数を使用する

・ファイルに保存する
・なし

・non (エンコーディング)

このデータベースのバックアップは、メインのサイト hoge.com と sub.hoge.com のデータベースをバックアップだぞ。

続きを読む

サブドメインサイトのデータをエクスポート

続いて、サブドメインサイト sub.hoge.com のデータをエクスポートだ。
sub.hoge.com の管理画面に入り、「ツール」→「エクスポート」を選択。

「すべての作成者」を選択し、「エクスポートファイルをダウンロード」で書き出されたxmlファイルを保存しておこう。

画像、テーマ、プラグインのバックアップ

続いて、画像やテーマ、プラグインのバックアップだ。
wp-contentフォルダの中の、uploads、themes、pluginsこれは自分のPCにバックアップとして取っておこう。
備えあれば憂いなしだ。

ちなみに、sub.hoge.com のプラグインとテーマは、hoge.com のプラグインとテーマフォルダに、ぶち込んでおこう。

マルチサイトの有効化

デフォルトでは、このマルチサイト機能は有効にされていない。
有効化する方法は、様々なサイトで紹介されているが、サブドメインでの設定方法が詳しく紹介されているのはこちらのサイト。
http://mage8.com/multiple-blogs-on-wordpress.html
じっくりと読めば、それほど難しくはないだろう。
いきなり運用中のサブドメインをマルチサイトに対応させるのが怖い人は、適当なサブドメインを作って試しに同期して色々といじった上で、同期させるのもいいだろう。

ちなみに、自分はCORESERVERとValue-domainを利用しているのでスムーズに設定ができた。
上記以外の人は、自力でなんとか頑張ってくれ。笑
また同期させると、サブドメインの内容が削除されるので必ずバックアップを取っておこう。
また同期が完了するまで30~1時間は掛かる。

サブドメインサイト設定

無事、マルチサイト機能が有効化されると、普通に sub.hoge.com にアクセス出来るようになる。
続いて管理画面に入り、特権管理者の「サイト」をクリックしてサイトを追加して、必要事項を記入しよう。
「サイトを編集」で「ドメイン」とURLは特に要チェックして入力だ。

画像、テーマ、プラグインのアップロード

先程バックアップした sub.hoge.com の各データはそれぞれ下記の場所にアップロードだ。
■画像のアップロード先
 └hoge.com/wp-content/blogs.dir/2/files/
サブドメインが追加されると、上記の中にとフォルダが作成されるんで、この直下に sub.hoge.com の画像をぶち込んでおこう。

■テーマのアップロード先
 └hoge.com/wp-content/themes/

■プラグインのアップロード先
 └hoge.com/wp-content/plugins/
もちろん、hoge.com と同じプラグインを使用していた場合は、アップロードしなくていいぞ。

(2010/7/12 追記)

投稿データ等のインポート

投稿データのインポートを行う前に、xmlファイルの画像のパスを置換で修正しておこう。
これまでの画像データは、デフォルトでは /wp-content/uploads/ になってるので、これを /files/ と置換して修正しておこう。
(2010/7/12 追記)

続いて「ツール」→「インポート」→「Wordpress」を選択して先程のxmlデータをインポートしよう。
なお、ここでインポートツールのプラグイン「WordPress Importer」がインストールされていない場合は、それを促す画面が表示される。

インポートがうまくいくと、追加するユーザーが聞かれるので、入力。
or map to existingの部分は「admin」で。

Ping通知の最有効化

マルチサイトにするとマルチサイトのPing通知が「特権管理者」のみで、しかも一つしかできなくなっているのでプラグインActivate Update Servicesで最有効化しておくといいだろう。

その他、設定など

んで、sub.hoge.com のウィジェットは再設定しておこう。
サーバの移行はhostsファイルを使うと便利だ。

細かい設定はまだ探る必要があるが、ざっと上記の手順で可動はしたんで、色々と検証しながらまた追記していくとしよう。

そういえば、こんな本を買ったのに、全然カスタマイズ出来てない今日この頃。

カテゴリ:WordPress