テクノロジー・動画・写真・デザインとか

エクセルで文字を結合してくれるCONCATENATE関数

エクセルで、例えば別々のセルにある「氏名」と「名前」を一つのセルに結合したい時もあるかと思うが、そんな時にはセルの文字列を結合できるCONCATENATE関数を使用する。

CONCATENATE関数の概要

書式

CONCATENATE(文字列1, 文字列2, ....)

サンプル書式

A1B1サンプル書式表示結果
エクセル文字結合=CONCATENATE(A1,"で",B1)エクセルで文字結合

上記のサンプルは、セルA1とB1、そして中央の「で」の文字列を「,(カンマ)」で結合している。
文字列の挿入はサンプルのように「”(ダブルクオーテーション)」で囲いる。

続きを読む

A1B1サンプル書式表示結果概要
IMAGEJPG=LOWER(CONCATENATE(A1,".",B1))image.jpgLOWER関数で大文字を小文字に変換しつつ結合
excelxlsx=LOWER(CONCATENATE(A1,".",B1))EXCEL.XLSXUPPER関数で小文字を大文字に変換しつつ結合

CONCATENATE関数の解説

結びつけるという単語の意味を持ちコンカティネイトと発音するCONCATENATE関数は、最大で255個の文字列を結合することができ、文字列、数値、セル参照をそれぞれ結合する。

文字列の先頭にドル記号を入れたい場合や、拡張子を追記したい場合もCONCATENATE関数を使えば、簡単に行うことができる。

CONCATENATE関数は、残念なことにCONCATENATE(A1:A10)のように、複数のセルにまたがって範囲指定することができない。

&(アンパサンド)での文字列結合

文字列を結合するのに「&(アンパサンド)」を使用することもできる。

A1サンプル書式表示結果概要
120=CONCATENATE("$",A1)$120CONCATENATE関数で先頭に$記号を追記
120="$"&A1$120&(アンパサンド)で先頭に$記号を追記
excel=CONCATENATE(A1,".csv")excel.csvCONCATENATE関数で拡張子を追記
excel=A1&".csv"excel.csv&(アンパサンド)で拡張子を追記

文字列を「”(ダブルクオーテーション)」で囲い、「&(アンパサンド)」で結合するのは、様々な書式で使われることがあるので、覚えておこう。

カテゴリ:エクセル