テクノロジー・動画・写真・デザインとか

30秒で出来るクリエイティブなFacebook用プロフィール画像ジェネレーター

本でも浸透し始めてる感があるFacebookだが、最近はファンページの作り方を掲載する記事ががチラホラと聞こえる今日この頃。

今日はファンページではなく、自分のプロフィール画面の画像をクリエイティブに仕上げてくれるジェネレーターの紹介。
こんな感じの画面が作れるわけなんす。
クリエイティブに仕上げてくれるジェネレーター

これは手作業で一個ずつ作ってアップロード、登録していくやり方もあるが、手間ひまが掛かってしょうがない。

そんなワケで、簡単な作り方。

サイトにアクセス

プロフィール画像を生成してくるジェネレーターは他にも色々とあるが、今回はこれだ。
Pic Scatter on Facebook
http://picscatter.com/

続きを読む

画面を見ながら調整

下記の画像をサンプルに作っていくぞ。
①をクリックして画像をアップロード、画像は大きめがいいぞ。
②カーソルを当てて、画像の位置調整
③画像の縦位置を調整
④画像の大きさを調整
⑤終わったら、Facebookにパブリッシュ
設定画面

Facebookへの接続を許可する

パブリッシュをするとこんな画面が表示されるので「Allow」を選択して許可を出す。
許可を出すことで、自動で画像を転送、タグ付けをしてくれるので楽だ。
Facebookへの接続を許可

メイン画像を設定する

Facebookへの画像転送がしばらく行われ、それが終わると「OPEN MAIN PICTURE」と表示されるので、開いてメインに使用する画像を設定して終了。

クリエイティブなプロフィール画面はこちらでみれるので、参考にするといいだろう。
http://omgshots.com/1074-creative-facebook-profile-art-by-alexandre-oudin.html
http://mashable.com/2010/12/14/new-facebook-profile-hacks/

ジェネレーターを使わずに作る場合の画像サイズ

でも、どうしてもやっぱりジェネレーターを使わずにもっと細かく設定したい人は下図のサイズ、180×532を1枚、97×68を5枚を参考に作るといいだろう。
ジェネレーターを使わずに作る場合の画像サイズ
ちなみに、画像は①→⑤の順にアップロードする。

Photoshopを持っていない人は、フォトショップはもう要らない?2年で劇的進化を遂げた「pixlr」で紹介した「pixlr」を使用しながら画像作ってみるといいだろう。

カテゴリ:FaceBook