テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Windowsでフォルダを簡単に同期させる方法

プログラムはパソコンを使用していく上で、まったくもって覚える必要がないものだが、ほんの少し覚えることで繰り返しの単純作業が劇的に楽になることも多々ある。

んで、今日はサルでも簡単に書けて、使えそうなプログラムを紹介。

会社では、作業したファイルをネットワーク上のファイルサーバーに保存して皆で共有しているのは一般的ではあると思うが、作業したファイルをファイルサーバーのフォルダを開いてコピーして同期するのは、1、2ファイルだったらそれほどでもないが、プロジェクトになると大量のファイルを保管する必要があり、面倒だったりする。

そこで、プロジェクトなどで大量のファイルを同期させる必要がある場合に、Windows VISTA、Windows 7で簡単なプログラムを書くことでフォルダを簡単に同期させる方法だ。

robocopyで簡単にフォルダ同期

①テキストファイルを開く

②下記の一文を書き込む
robocopy /mir "コピー元のフォルダ" "コピー先のフォルダ"

続きを読む

サンプル
robocopy /mir "C:¥main_foldar" "C:¥sync_foldar"

③適当な場所に「mir.bat」という名前でファイルを保存する。
この時、拡張子「bat」を入れて保存する。
もちろん、mirは分かりやすいファイル名で構わない。

④「mir.bat」をダブルクリック。

以後、C:worksaにファイルを入れたり、削除したら「mir.bat」をダブルクリックで簡単に同期、バックアップ作業ができ、ネットワーク上のファイルサーバーでも使えるのでお薦めだ。

Wndows XPで使いたい場合、robocopyの詳細については、こちらを参照。
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/877robomir/robomir.html

カテゴリ:Windows