テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Vimeo Award2012受賞!対称・対極的な映像メッセージが面白い「Symmetry」

タフで不死身なジャック・バウアーが魅せるハラハラドキドキな展開の海外ドラマ「24」は、一度見だすと止まらないが、複数の場面を一度に見せる手法は初めて見たときは中々に新鮮味があった。

複数の場面を同時に見せる手法という意味で、こんな面白い映像がある。

左右対称という意味の「Symmetry(シンメトリー)」、そのタイトルからも想像できそうなこのクリエイティブな映像は、時には対象であったり、時には対極的なメッセージが画面に同時に映しだされる。
それは、始まりと終わりであったり、コカ・コーラとペプシであったり、それは男と女であったりする。

映像が何かしらの関連性を持っていて、それは何かのメッセージを訴えかけんばかりの映像となっている。
最後まで観ると「嗚呼、人生って何だろう」とか考えさせられそうになる奥深いものに仕上がってる。

ちなみにこの作品は、Vimeo Award2012を受賞している。