テクノロジー・動画・写真・デザインとか

今更だけどiPhoneのゲームアプリ「Infinity Blade」のデキが素晴らしい

携帯のソーシャルゲームが熱い今日この頃だが、密かにiPhoneのアプリゲーム「Infinity Blade(インフィニティ・ブレード)」にハマっている今日この頃。

そのInfinity Bladeについて、今日はちょいと色々と見てみようと思う。


今すぐゲットする!

3300件以上が高評価な超美麗映像なiPhoneアプリゲーム

App Storeの評価をざっと見ても星の評価がほぼ5ランクと高評価で、映像が綺麗、楽しいとレビューに書き連ねられている。

Infinity Bladeは、アメリカのEpic Games社により開発されたUnreal Engineを搭載しており、それにより実現できているみたいだが、映像を観てもらうのが一番だろう。
このクオリティが携帯でゲームとして遊べるのだから、驚愕としか言いようがない。

続きを読む


Unreal Engineについては、こちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/Unreal_Engine

操作が簡単なタイミングゲーム

操作はiPhoneのタッチスクリーン用に最適化されていて、凄く簡単な操作、タップ、スワイプだけで遊べてしまう。
タイミングゲームなんて言葉はないと思うが、ゲームの構造を紐解いていくと、タイミングよくタップ、スワイプをするってことで、音ゲーなんかもタイミングよくタップをするゲームだと考えられる。

ユーザーに操作方法を考えさせる必要はない、タイミングよくタップ、スワイプさせるだけだが、それがユーザーにとって心地よく楽しく感じさせる要素の一つではないだろうか。

短時間でクリアできるが、継続して遊べる続けられるシステム

さすがにこれだけのハイクオリティな映像になるので、アプリの容量が約600MBほどあり、ゲームのプレイ時間自体も短時間でクリアできる設計になっているが、敵を倒しては経験値とお金を得てコツコツと強くなるRPG要素が盛り込まれていて、ラストボスを倒しても継続して遊べるシステムになっている。

アイテム課金をすることで簡単に強くなれるビジネスモデルも含まれていて、アプリ作りにおいて色々と参考にできるiPhoneアプリのゲームの最高峰に位置するゲームであることは間違い無いだろう。

なお、このゲームを遊ぶには、CPUやメモリの関係の関係で処理上アプリが落ちることも考えられるので、iPhone 4又は、iPhone 4 Sで遊ぶくことをお薦めするのと、容量が大きいのでWi-Fi環境でダウンロードしよう。

ちなみにiPhone 4Sの発表会でも紹介されたが、今年の12月にはInfinity Blade 2が控えている。


今すぐゲットする!

Infinity Blade コミュニティ
http://infinitybladegame.com/