テクノロジー・動画・写真・デザインとか

タブフォルダソフトQ-Dirが便利すぎる!作業効率UPできるフォルダの4画面分割

Windowsのフォルダをタブ化してくれるフリーのソフトにQTTabBarってのがあるが、これは個別に開かれて散乱するフォルダをタブ化することでフォルダを探す手間をなくして作業効率をあげられるソフトだ。

これと似たファイラーソフトとして、「Q-Dir」というのがある。

フォルダ画面を最大4分割、しかもタブも利用できる

「Q-Dir」の最大の特徴は、フォルダを最大で4分割でき、しかも自由にレイアウト画面を変更できるのが特徴だ。
これなら画面を開いた状態でファイルの移動やコピー作業も楽だ。

しかも、下図のように画面左上のようにタブも利用できるので、これは嬉しい。
タブは「編集」→「新規タブ」か、ショートカットキー「Ctrl」+「T」で追加できる。
フォルダタブ(ファイラー)ソフト「Q-Dir」

また、この分割されたをフォルダを別ウィンドウで開くことも可能だ。
「ファイル」→「ウィンドウの複製」

続きを読む

お気に入りに登録してグループ化することで作業の効率化を図る

フォルダタブソフトはファイラーとも呼ばれているようだが、ファイラー定番のお気に入りに登録することでグループ化する機能がついているので、作業別や案件別に利用することができ切り替えが簡単だ。

ダウンロードはこちらからだが、Windows 7で64bit版の人は「Q-Dir_Installer_x64.zip 64 bit OS」を選択しよう。
また、デフォルトは英語だが、インストール時に日本の国旗を選択することで日本語で使える。
http://www.softwareok.com/?Download=Q-Dir

ちなみに、このソフトはフォルダのエクスプローラーとは別に独立しており、再起動時に利用したい場合はこのソフトをタスクバーなどに登録していつでも起動できるようにしておくといいだろう。

カテゴリ:ソフト・ツール