テクノロジー・動画・写真・デザインとか

超絶便利!Windows&Macでも遠隔操作できるChromeエクステンション「リモート・デスクトップ」

現在、日本ではPCの遠隔操作によるアレが問題となっているようだが、いざ、PCの遠隔操作をやってみると凄く便利だ。

Google Chromeのエクステンション「リモート・デスクトップ(Remote desktop)」を使用すると簡単にPCのリモート、遠隔操作ができるようになり、これによりPC操作が不慣れな人に簡単に説明ができたり、サポートすることが出来るようになる。

このChrome リモート・デスクトップはGoogleが提供しており、WindowsとMacでも相互に遠隔操作ができるようになっている。

リモートデスクトップには、「リモートサポート」と「マイパソコン」という2つのモードがあるが、まずは下記のページでエクステンションをインストール。
https://chrome.google.com/webstore/detail/chrome-remote-desktop-bet/gbchcmhmhahfdphkhkmpfmihenigjmpp

インストールが完了すると、下記のようにアプリケーション画面にメニューアイコンが追加されているのでここから起動する。
アプリケーション画面にメニューアイコンが追加される

続きを読む

「リモートサポート」の使い方

基本的に以下は、Googleアカウントにログインした状態での操作が必要となる。
アプリを起動すると、パソコンへのアクセス許可が必要だという案内が表示されるので「続行」で次へ進む。
承認許可

Chromeリモートデスクトップは、以下の画像に記載されているような許可リクエストを求めてくるので「アクセス許可」を選択して次へ進む。
「アクセス許可」を選択

リモートテクニカルサポートに最適ということで、お友達のPCを操作して説明するときは、「リモートサポート」を選択。
相手のPCを遠隔操作するには、相手のPCにもこのChromeのリモートデスクトップのエクステンションをインストールして貰う必要があるので、ここまでの作業を予めやってもらう。
利用開始

相手のPCを操作したい場合には、相手に「共有」を選択してもらう。
自分が操作する側の場合には「アクセス」を選択。
共有設定

PCの操作をされる人が「共有」を選択すると以下のようなワンタイムアクセスコードが発行される。
ワンタイムアクセスコードの発行
(もちろんこのパスワードはダミー)

「アクセス」を選択した操作側は、上記のアクセスコードを教えてもらってここに入力して「接続」。
ワンタイムアクセスコードの入力

下記はサンプルだが、セキュリティソフトによってはPCへのアクセス許可を求めることがあるので、許可する要がある。
セキュリティソフトのアクセス許可

下記はWindowsでMacを遠隔操作している画面だが、うまく接続できると下記のように表示される。
遠隔操作を受けている側は、遠隔操作を受けている間も自分の操作の方が優先され、いつでも矢印のボタンをクリックすることで接続を遮断することが出来る。
また、遠隔操作をしている人がGmailにアクセスしようとするとアクセスが切断される。
接続の切断

「マイパソコン」の使い方

リモートアクセスの「マイパソコン」は、外出時にノートPCなどから自宅の自分のデスクトップを遠隔操作したい時などに使う方法だ。

予め自分のGoogleアカウントでログインして、自宅のPCを下記のように設定しておく。
①「リモートアクセスを有効にする」、②PINに4桁以上を入力、③で次に進む。
「マイパソコン」の使い方
(スリープモードは切っておく必要がある)

先ほど設定したPINを入力。
PINを入力

セキュリティソフトに通信許可を聞かれたら、許可を出す。
セキュリティソフトに通信許可

後は、外出時にから該当のPCを選択。
該当のPCを選択

設定したPINコードを入力して接続。
PINコードを入力

カテゴリ:Chrome拡張機能, Google