テクノロジー・動画・写真・デザインとか

様々な顔を持つ映画俳優ジョニー・デップ

様々な才能を持っているジョニー・デップだが、出版ビジネスにも挑戦するという記事がちょうどシネマトゥデイさんにも掲載され、その動向について益々目が離せない。
ジョニー・デップ、出版ビジネスに挑戦! 大手出版社と提携してブランドを立ち上げ – シネマトゥデイ

しかし、意外に彼について知らないので、ちょうど調べていたところだったのでピックアップしてみた。

ジョニーデップの生い立ち

ジョニーデップ(Johnny Depp)、本名をジョン・クリストファー・デップ二世(John Christopher Depp II)は、1963年6月9日のケンタッキー州に生まれる。
フランス人、アイルランド人、ドイツ人、チェロキー族の血を引いており、少年時代は家庭の事情で転居を繰り返す。

12歳で酒を飲み始め、14歳の頃からドラッグに手を染めたジョニーデップだが、友人の死をキッカケに音楽への道を進む。
ミュージシャンとして活動していたジョニーデップだが、その後、ニコラス・ケイジに映画出演を勧められたことがキッカケとなり、エルム街の悪夢へ出演、クライベイビーで初の映画主演を果たしている。

世界的にも絶大な人気を誇る映画スターであるが、イギー・ポップの前座やオアシス、ローリング・ストーンズのアルバムにギターでミュージシャンとして参加するという一面も持っている。

続きを読む

破天荒な少年時代を過ごしたそんな彼の出演した映画をピックアップしてみたが、ティム・バートン監督と組んで独特な個性が光る役柄を演じていることが多く、実に様々な顔を持って映画ごとに役を作り込んでいるのが分かる。

2013年にはThe Lone Rangerが控えており、今後も彼の活躍に期待したい。
The Lone Ranger Trailer 2013 Johnny Depp Movie – Official [HD] – YouTube

ダーク・シャドウ(2012)

ダーク・シャドウ

監督はティム・バートン、2012年5月に公開されたヴァンパイア映画。

ラム・ダイアリー(2011)

ラム・ダイアリー

2011年公開のアメリカ合衆国のジャーナリスト「ハンター・S・トンプソン」を題材にした映画。

パイレーツ・オブ・カリビアン/生命の泉(2011)

ジョニー・デップの地位を不動にした代表作

ウォルト・ディズニー配給、ジェリー・ブラッカイマー製作による冒険ファンタジーシリーズ、興行収入において大成功を収める。

ランゴ おしゃべりカメレオンの不思議な冒険(2011)

ランゴ おしゃべりカメレオンの不思議な冒険

ジョニーデップがアフレコを担当したアニメ映画。
ここでアフレコの様子を見れる。

ツーリスト(2010)

ジョニー・デップのスペルは「Johnny Depp」

このジャケットをよく見ると、ジョニー・デップのスペルが間違っている。
「Jonny Depp」ではなく、「Johnny Depp」。

アリス・イン・ワンダーランド(2010)

アリス・イン・ワンダーランド

ティム・バートンとジョニー・デップの7作目のコラボレーション作品。

パブリック・エネミーズ(2009)

パブリック・エネミーズ

実在した犯罪者ジョン・デリンジャーを主人公にした映画。

Dr.パルナサスの鏡(2009)

Dr.パルナサスの鏡

撮影中に急逝したヒース・レジャーの代役としてジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人が出演した作品。

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師(2007)

スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師

ティム・バートン監督としては日本初のR15+指定映画。
ジョニー・デップを含め、ほとんどのキャストがミュージカル初挑戦。

ティム・バートンのコープスブライド(2005)

ティム・バートンのコープスブライド

ティム・バートン監督によるストップ・モーションアニメ。
ジョニー・デップがアフレコ初挑戦した映画でもある。

チャーリーとチョコレート工場(2005)

チャーリーとチョコレート工場

庭園のモニュメントや芝生はパティシェによって作られた本物のお菓子。
第78回アカデミー賞の衣装デザイン賞にノミネートされている。

リバティーン(2004)

酒と性に溺れ33歳の若さで世を去ったイギリスに実在した詩人ジョン・ウィルモットの生涯を描いた作品。
リバティーン

ネバーランド(2004)

ネバーランド

「ピーター・パン」が生まれた実話を描いたヒューマン・ドラマ。
第77回アカデミー賞で7部門にノミネートされ、作曲賞を受賞している。

フレンチなしあわせのみつけ方(2004)

フレンチなしあわせのみつけ方

フレンチ映画でジョニー・デップがカメオ出演している。

シークレット・ウインドウ(2004)

シークレット・ウインドウ

ホラー作家スティーブン・キングの作品を映画化したもの。
ジョニー・デップはこの作品から眼鏡のブランド、タート製のフレームをプライベートで愛用するようになったと言われている。

レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード(2003)

レジェンド・オブ・メキシコ デスペラード

キャストにジョニー・デップとアントニオ・バンデラス、監督にロバート・ロドリゲスが集結した作品。

ロスト・イン・ラ・マチャ(2002)

ロスト・イン・ラ・マチャ

テリー・ギリアム監督作品「ドン・キホーテを殺した男」が様々ないきさつで暗礁に乗り上げた顛末を描いたドキュメンタリー映画。

フロム・ヘル(2001)

フロム・ヘル

切り裂きジャックを題材にしたゴシックホラー映画。

ブロウ(2001)

ブロウ

ジョニー・デップ&ペネロペ・クルス主演、実在の麻薬王ジョージ・ユングの半生を描いた作品。
Blowとはコカインの俗語らしい。

ショコラ(2000)

ショコラ

2001年アカデミー賞5部門ノミネートされた映画。

耳に残るは君の歌声(2000)

耳に残るは君の歌声

イギリスとフランスの合作、ジョニー・デップ、クリスティーナ・リッチの3度目の共演による豪華絢爛なオペラ歌劇を織り交ぜた映画。

スリーピー・ホロウ(1999)

スリーピー・ホロウ

ワシントン・アーヴィングの小説「スリーピー・ホロウの伝説」が原作、ティム・バートン監督が手がけた作品。
1999年のアカデミー美術賞を受賞している。

ノイズ(1999)

ノイズ

1999年のSFスリラー映画。ジョニー・デップとシャリーズ・セロンの共演。

ナインスゲート(1999)

ナインスゲート

戦場のピアニストを手掛けたロマン・ポランスキーの監督作品。

ゴー! ゴー! L.A.(1998)

ゴー! ゴー! L.A.

ミュージシャン、画家、俳優、映画監督として多彩なヴィンセント・ギャロが出演している。

ラスベガスをやっつけろ(1998)

ラスベガスをやっつけろ

ジャーナリストでもあり、作家でもある原作者ハンター・S・トンプソンの付き人となって、彼の仕草や癖をマスターし、髪を剃って彼と同じように禿頭にした。

ブレイブ (1997)

ブレイブ

ジョニー・デップが監督・脚本・主演の3役を初めてこなした作品で、カンヌ国際映画祭ではパルム・ドールにノミネートされた。

フェイク(1997)

フェイク

FBIの潜入捜査官ジョー・ピストーネの実話に基づく映画。

ニック・オブ・タイム(1995)

ニック・オブ・タイム

映画の中の時間と実際の時間がほぼ同じく流れていくリアルタイム進行な映画。

デッドマン(1995)

デッドマン

音楽担当ニール・ヤングのモノクロ映画。

ドンファン(1994)

ドンファン

1,502人の女性を虜にした伝説の人物ドンファンだと思い込んでいる人格障害を持つ青年の物語。
アカデミー賞、ゴールデングローブ賞にノミネートされた。

エド・ウッド(1994)

エド・ウッド

アメリカの史上最低といわれた映画監督エドワード・D・ウッド・Jr.をティム・バートン監督が映画化。

ギルバート・グレイプ(1993)

ギルバート・グレイプ

レオナルド・ディカプリオがアカデミー賞にノミネートされた作品。

妹の恋人(1993)

妹の恋人

ジョニー・デップ主演のラブロマンス。

アリゾナ・ドリーム(1993)

アリゾナ・ドリーム

第43回ベルリン国際映画祭で監督のエミール・クストリッツァが銀熊賞を受賞した作品。

シザーハンズ(1990)

ジョニー・デップの代表作の一つシザーハンズ

ジョニー・デップとウィノナ・ライダーの共演、監督はティム・バートン。

クライベイビー(1990)

クライベイビー

ジョニーデップの初主演作。

21 ジャンプストリート(1987-)

21 ジャンプストリート

1987年~1990年にFOX放送で放送されたアメリカのテレビドラマ。
ジョニー・デップの出世作。

プラトーン(1986)

プラトーン

第59回アカデミー賞 作品賞、第44回ゴールデングローブ賞 ドラマ部門作品賞受賞作品。

マイアミ・ホット・リゾート(1985)

マイアミ・ホット・リゾート

マイアミのリゾート地にやってきた二人の若者が女の子を追い回すドタバタコメディ。

エルム街の悪夢(1984)

ジョニー・デップの初出演映画エルム街の悪夢

ジョニー・デップの初出演映画。

こうやってピックアップしてみたが、色々と知ることができて中々面白かった。

via http://www.listal.com/list/johnny-depp-deidra
via ジョニーデップ -Wikipedia