テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Time Capsuleを使ってMacとWindowsのデータを共有させる方法

データのバックアップ用にTime Capsuleをゲットしてみたが、大容量なHDDなので単なるバックアップに終わらせずにNAS(ファイルサーバー)としても、その他のMacやWindowsともファイルを共有できるので、その設定方法を備忘録として書いておこう。

この手順はMacは、OS X 10.8.2 Mountain Lionでの設定手順となり、また、セキュリティを考慮した「アカウント」に「パスワード」を掛けた手順となっている。

TimeCapselの設定手順

まずは、下記のようにアクセス、或いは「Spotlight」で「AirMacユーティリティ」と検索。

AirMacユーティリティにアクセス

Launchpad > その他 > AirMacユーティリティ > 編集
AirMacユーティリティにアクセス

ちなみに、このIPアドレスは後ほど使用するのでメモっておこう。
IPアドレスをチェック

続きを読む

①「ディスク」とアクセスし、セキュリティを考慮して「共有ディスクのセキュリティを保護」の項目は②「アカウント」に変更している。
③でユーザーを追加する。
ユーザーを追加

④「アカウント名」は自分が使用しているMacのアカウント名を入力、⑤「パスワード」を設定して、⑥「保存」して、終わったら⑦「アップデート」でTimeCapsuleをアップデートしておこう。
アカウントを入力

TimeCapsuleの設定が終わったら、今度はFinderに設定したアカウントとパスワードを使ってログインだ。
「自分のTime Capsule」、「別名で接続…」と選択。
別名で接続

アカウントとパスワードを聞かれるので、先ほど設定し内容を入力して接続。
これでMac側の準備は終わりだ。
設定した内容を入力

Windwowsでのアクセスの仕方

Time Capsuleは実は、MacがなくてもWindows用のAirMac ユーティリティのアプリをインストールすれば使える。
現在のところ、Windows用AirMac ユーティリティは、こちらからダウンロードできる。
http://support.apple.com/kb/DL1547?viewlocale=ja_JP
インストールしたら、さきほどのMacのユーザー名とパスワードを入力すればTime Capsuleにアクセスできるようになる。

AirMac ユーティリティをインストールしていない場合は、下記手順でアクセスできる。
スタートボタン > 検索欄に「192.168.0.7(例:先ほどのIPアドレス)」

上記はWindows 7でのやり方だが、うまくいかない場合は下記で試してみて欲しい。
スタートボタン > アクセサリ > ファイル名を指定して実行 > 192.168.0.7(例)

正常に接続できれば、アカウントとパスワードを聞かれるので入力して接続だ。
WindwowsからTime Capsuleへのアクセスの仕方
もう一度パスワードの入力画面が開く場合があるが、パスワードの入力がうまくいってない可能性があるので、テキストエディタなどにパスワードを入力してそれをコピペしてみるといいだろう。

Windows 8でのアクセス

[追記 2013.10.1]
Winodws 8で「ファイル名を指定して実行」をうまくいかない場合は、下記の手順でいけた。

適当なフォルダを開く

フォルダ左のお気に入りなどが並んでるメニューの「ネットワーク」

該当のタイムカプセルを選択

カテゴリ:Mac