テクノロジー・動画・写真・デザインとか

簡単!WindowsからMacへファイルを転送する方法

SnowleopardからMac OS X 10.8.2 Mountain Lionにアップデートしてから、Macは使いやすくなった感があるが、WindowsからMac OS X Mountain Lionへファイルを転送する方法も簡単だ。

早速そのやり方を紹介してみようと思うが、家庭内などのローカルネットワークLAN内でWindows 7からMac OS X Mountain Lionへのファイル転送をする手順紹介となる。

WindowsからMacへファイルを転送する手順

まずは、下記のようにアクセス。
システム環境設定 > 共有
WindowsからMacへファイルを転送する手順

サービスの「ファイル共有」にチェックを入れて、「オプション」。
「ファイル共有」にチェックを入れて、「オプション」

続きを読む

「SMB(Windows)を使用してファイルやフォルダを共有」にチェックを入れ、さらにアカウントにもチェックを入れる。
「SMB(Windows)を使用してファイルやフォルダを共有」にチェックを入れる

アカウントにチェックを入れるとパスワード入力画面が表示されるので、Macのログイン時のパスワードを入れる。
パスワード入力画面

設定が完了したら、先ほどの設定画面で「afp://192.168.0.2(例)」と表示されているMacのIPアドレスをチェック。
MacのIPアドレスをチェック

大きめのファイルをWindowsから転送する場合は、下記の手順でMacのスリープまでの時間を長くするか切っておこう。
システム環境設定 > 省エネルギー > ディスプレイのスリープ

後は、Windowsでの接続だ。
適当にフォルダを開いて先ほどのMacのIPアドレスを下記のサンプルのように、アドレスバーに入力してアクセスだ。
「¥¥192.168.0.2」
後は、ファイルやデータをフォルダにドラッグすればコピー、転送が行われる。
先ほどのMacのIPアドレスを入力

設定が面倒だという人はアプリ

設定が面倒だという人は、アプリを使ってWindowsとMac間で相互に転送するのもいいだろう。

メッセンジャーとしても使える「IPmsg」

TCP/IPを使用した、LAN用メッセンジャーIPmsgは手軽にメッセージも送れ、ファイルやフォルダも相互に送信することができる。
■for Windows
http://ipmsg.org/

■for Mac
http://ishwt.net/software/ipmsg/
ただ、ギガ単位の大容量ファイルを送信しようとすると途中で失敗することがある。

レジューム機能がついている「FileExpress! ファイル特急便!」

こちらもチャット&ファイル転送もでき、さらには途中でファイル転送を中断しても途中から再開できるレジューム機能がついている。
しかし、Mac OS X Lionではエラーが出ているらしく、対応中とのこと。
http://solidbluesky.com/fileexpress.html

カテゴリ:Mac, Windows