テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Leap Motionよりも期待!?Ringであらゆる物をコントロール

これまでに、映画マイノリティのように空中で手をジェスチャーしてPC内のアプリを動かすLeap Motionを紹介してきたが、2014年に登場するであろう新たなガジェット「Ring」も良さそうだ。

Vimeo上に公開された動画で紹介されているRingは指輪型のガジェットで、Leap Motion同様に空中で手をジェスチャーすると、様々なものをコントロールできる。

自動で動作するカーテンの開け閉め、TVの電源のスイッチ、キャッシュの決済、ドライブ中の音楽のコントロール、スイカのように改札を通る際の電子マネーの役割、握手によるアドレス交換などのサンプルが動画で公開紹介されている。

続きを読む

Leap Motionが、PC内のアプリを手のジェスチャーでコントロールできるのは面白いが、主にゲーム用途以外での利用がやや難しく、細かい作業をするのには向かない。

Leap Motionよりも期待と言ったのは、この点で、Ringはどちらかと言うと家電として動作しているということだ。

日常的に使う家電として使うのであれば、Leap Motionよりも使いどころは多くあり、RingのAPIはデベロッパーにも公開される予定で、様々な家電で利用できるようになるだろう。

Ring -Shorcut Everything- from Logbar on Vimeo

このRingを開発しているのは、日本の企業「Logbar」。

iPadを使って「ゆるーく」つながるソーシャルバーを運用している企業としても話題にもなっている。

登場が楽しみなガジェットの一つだ。

2014/03/05追記:
その後の情報:様々な物をジェスチャーコントロールするRingが$26万以上の資金調達で実現に加速