テクノロジー・動画・写真・デザインとか

まるでミュージカル!?ヴァージン・アメリカの飛行機のセーフティビデオのダンスが話題

飛行機に乗ると必ず見せられるのがセーフティビデオだが、そのセーフティビデオが単調でつまらないものであったりする。
しかし、ヴァージン・アメリカは思わず食い入るように見てしまうような楽しいセーフティビデオを制作した。

セーフティビデオと言えば、2009年のニュージランド航空のボディペイントを思い出すが、ビデオに出演するキャビンアテンダント全員がボディペイントということで思わず最後まで食い入るようにセーフティビデオを見てしまったが、このヴァージン・アメリカのセーフティビデオも面白い。

ヴァージン・アメリカのセーフティビデオは全編を通して歌とダンスで紹介されており、まるで何かの本格的なミュージカル映画をみているようで、子供がラップを披露するシーンや、エアージャケットを着用するシーンは元格闘家の須藤元気氏率いる集団WORLD ORDERのダンスパフォーマンスを思い起こさせるようで、海外のネットメディアではかなり話題になっているようだ。

続きを読む

企業の様々なサービスはどれも似通った内容であったりするが、「顧客へのアピール」として客を惹きつけるための手段としてこういったプロモーションを展開することによって、「ボディペイント」のニュージーランド航空、「ダンス」のヴァージン・アメリカと言った感じに自分の中に刷り込まれるのは間違いないだろうし、立ちあげ当初は様々な困難があった彼らだが、こういった先鋭的な展開をするヴァージン・アメリカの展開は好きにならざるを得ない。