テクノロジー・動画・写真・デザインとか

GoProとドローンを使って個人でも空撮ができる時代に突入!

先月の1月の半ば頃にネットで話題になったサーフィンの映像を観た人もいると思うだろうが、その映像は、今までに観たことのないサーフィンの映像となっていた。

サーフィンのメッカとして知られるハワイのオアフ島のノースショアにあるパイプライン。
そのパイプラインの綺麗なエメラルドグリーンの海、太陽に照らされる水面、力強く波しぶきをあげる波の上を滑走するサーファー、美しいこの光景は今までに観たことのない空中からのアングルで撮影されたサーフィンの映像だった。

Pipeline Winter 2013 from Eric Sterman on Vimeo

GoProとドローンのクアッドコプター「Phantom」を使って撮影されたもの

調べてみると、「アクションカメラ」という一つのカテゴリを確立させたGoProと、ドローン(Drone)のクアッドコプター「Phantom(ファントム)」を使って撮影されたものだということが分かった。

ドローンとは、超小型の無人飛行機のことで、昨年末には、米Amazonがこのドローンを使って無人で荷物を配送する「Amazon Prime Air」という配送サービスを発表したのも記憶に新しい。

続きを読む

クアッドコプター「Phantom」は、このドローンにGoProのカメラを取り付けたモデルとなっており、海外のメーカーDJIが販売をしているが、実際には、日本のAmazonでも既に購入ができるようになっている。
クワッドコプター ファントム・エアリアルUAV GOPRO互換


Go Pro ウェアラブルカメラ HERO4 ブラックエディション

GoProとドローンの2つだと約10万円ほどしてしまうが、中型クラスのデジタル一眼レフカメラが13、14万前後すると考えれば、頑張れば個人でも購入できる価格のレベルまで技術は進化したと言え、これにより冒頭のような新しい映像が創りだされる可能性もあると考えることができる。

Vimeoで調べてみると、このDJIのPhantomを使って空撮された作品が結構見られた。
しかし、「これは!」というような心躍るような映像はまだ見られなかったが、2014年はこのGoProとDJIのPhantom組み合わせによる映像がさらに増えそうな気配はありそうだ。

そんなわけで、いくつかの映像をピックアップしてみようと思う。

GoProとドローンを使ってスーパーマンの目線で捉えたショートムービー

インターネットビデオ制作プロダクションCorridor Digitalがプロモーション用に制作したGoProとドローンを使ってスーパーマンの目線で捉えたショートムービー。

撮影の舞台裏が紹介されている動画。

スター・ウォーズスタイルのFPVレーシング

これは面白いかも。
ドローン所有者で集まって、ドローン搭載のカメラで森の中を駆け抜けるレーシングを楽しむ、それはまるで映画スター・ウォーズのようで、これは新時代の新しいエンターテイメントだ。

こちらの記事もチェック。
気分はStar Warsポッドレース、これからの遊びはDroneでFPVレーシングだ!

スターウォーズ型ドローン

ドローンをカスタマイズした作成されたスターウォーズの銀河帝国で使用されていたTIEシリーズ・スターファイター、TIEインターセプター。

こちらもスターウォーズのミレニアム・ファルコンに似せて作られたもの。
こんなのも今後増えてきそう。

世界最大の洞窟と言われるベトナムのソンドン洞

以外にも2009年に調査されるまで地元民にしか知られていなかった洞窟で、全長約9km、最大高は約240mにおよび、内部には地下河川も流れているとか。
ドローンが映し出す洞窟の世界は神秘的だ。

超高速で飛行

CGでも使っているのかと思うぐらいに超高速で飛び回るその様は圧巻だ。

GoProとドローンとOculus Riftを使ったVRな世界

これは、なかなか面白いかも。
GoProとドローンと、話題のヴァーチャル・リアリティな世界を体験できるOculus Rift(オキュラスリフト)との組み合わせ。
6つのGopProを使って全方向に撮影できるようにし、さらにそれをドローンで撮影。
その映像をOculus Riftで体験できるようにしている。

Droneと花火「Fireworks filmed with a drone」

テレビでヘリコプターを使った花火中継をすることがあるだろうが、さすがにこんな花火の中を飛び回るDroneで撮影されたような映像は撮れないだろう。
ただ、壊れる覚悟で行っているだろうが。

オランダのユトレヒトを空撮「DJI Phantom in Utrecht」

綺麗な街並みであれば、ドローンで撮りたくなる。

DJI Phantom in Utrecht from Reinout van Schie on Vimeo.

ミュージッククリップでも活躍しそうなSeven Seconds of Summer

これも需要がありそうなプロモーションビデオやミュージッククリップでGoProとドローンの組み合わせの活躍の場は多そうだ。

Seven Seconds of Summer from Nate Bolt on Vimeo.

綺麗な景色にはピッタリのGoPro + ドローン

個人で撮影されたものだが、綺麗な背景であればこの組み合わせは最高なものになるだろう。

Aerial Footage Showreel (DJI Phantom + Zenmuse) from Andre Meyer on Vimeo.

GoPro + ドローンの需要がありそうなスノーボード映像

映像が少し乱れているのが気になるのだが、冒頭で紹介したようにサーフィンやスノーボードなどをドローンで空撮するのが適している気がする。

Minute Nine – Quadcopter Snowboarding from Rob Antill on Vimeo.

災害時にも活躍

先週末の大雪により陸の孤島と言われるぐらいに孤立した山梨県の様子なんかもマルチコプターという名前のドローンで撮影されたものがネットで公開されている。
災害時には凄く役に立ちそうだ。

小型でありながらその性能は、超小型ヘリの「ドローン」規制、米国42州で法律化が進むの記事にあるように、問題視もされているようだ。

用途を間違えなければ新しい映像が創りだされそうな気配もあり、それに期待したい。

カテゴリ:ガジェット