テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Lexusのアートの域に達したLEDスーツを着たスタントマンの空中パフォーマンスがスゴイ

Lexus(レクサス)は、トヨタが1989年よりアメリカで販売展開した高級自動車で、日本でも販売されたのは2005年で、現在は世界65カ国で展開している。

Lexusが掲げるグローバルブロンドスローガンは「AMAZING IN MOTION」。
そのAMAZING IN MOTIONに関わる様々なプロジェクトを展開しているようだが、3つ目のプロジェクトとして公開されたばかりの映像が凄い。

「Amazing in Motion – STROBE」と題された映像は、LEDスーツを着たスタントマンが、クアラルンプールの夜の街を自由自在にまるで空中闊歩しているようなパフォーマンス映像になっているが、まるでストップモーションで撮影されたようなものになっており、スタントマンが連続点灯、まるでストロボが当てられたような少し幻想的なものになっていて、まるでアートを感じさせるようだ。

CGのようにも見えるが、複数のスタントマンを吊るしあげてLEDを順番に光らせており、まるで街中を自由自在に駆け巡るストーリー展開になっている。

続きを読む

“最後は‘AMAZING’の息吹を宿すように静かにRC Fに舞い降りる”
“革新的なデザインとテクノロジーを通じてレクサうの想いを伝える”
まさにAmagingな想いだ。

こちらは、そのSTROBEの製作風景の1つで、「レクサスのスピンドルグリルからインスピレーションを得た」と述べるハリウッドの衣装デザイナー「ヴィン・バーナム(Vin Burnham)」と技術監督「アダム・ライト(Adam Wright)」に焦点が当てられている。

こちらも製作風景で、技術者やスタントマンに焦点が当てられており、空中で吊るしあげられるスタントマンは常に同じポーズをキープしていなくてはならないし、非常に危険が伴う現場だというのが分かる。

その他のAmaging in Motionプロジェクトはこちらで見れる。
Amazing in Motion | Lexus International