テクノロジー・動画・写真・デザインとか

画面を録画できるChromeの拡張機能Screencastify

以前に高画質でPCの画面を動画キャプチャできるフリーのオンライン録画ツールを紹介したのだが、Chromeの拡張機能にも画面を録画できる拡張機能があった。

画面を録画できるChromeの拡張機能Screencastifyの主な特徴

Chromeの拡張機能で画面を録画できる

何が便利かと言ったら、Chromeの拡張機能をインストールするだけで、画面を動画として録画できるということだ。
他のアプリをインストールする必要がないので、手軽にWebサービスなどの使い方を紹介する説明動画なんかを簡単に作成できる。

細かいところでは、画面サイズや画質、動画のフレームレートの選択ができるようになっており、Chromeブラウザ内のみの録画、或いはデスクトップ全体を録画することができる。

Screencastifyの使い方

まずは、下記ページにアクセスして「Screencastify (Screen Video Recorder)」の拡張機能をインストール。
https://chrome.google.com/webstore/detail/screencastify-screen-vide/mmeijimgabbpbgpdklnllpncmdofkcpn
掲載時のバージョン : 0.9.6

続きを読む

インストールが完了するとツールバーにアイコンが追加されるのでそれをクリック。
「More…」をクリックして設定を行おう。
ツールバーのScreencasifyをクリック

Screencastifyの設定

  • Capture:Chromeのタブの中のみなら「Tab」、デスクトップも録画したい場合は「Desktop」
  • Audio:Windowsのマイク、ブラウザのタブオーディオの音声
  • Tab size:タブのサイズを好きなサイズに変更できる
  • Max frame rate:フレームレート。数値が大きければ滑らかだが、容量が大きくなる
  • Limit Resolution:解像度。大きければなるほど容量が大きくなる
  • Show mouse cursor:操作時のマウスカーソルを表示するかどうか
  • Show existing Screencasts:録画した動画の一覧を表示
  • Start Recording:録画の開始

画面サイズ、フレームレート、画質を設定

「Start Recording」をクリックすると録画の開始が始まり、マイクへのアクセス許可が求められるので許可しておこう。
マイクへのアクセス許可

録画中は、ツールバーの画面がこんな感じに表示される。
「Show preview window」をクリックすると別ウィンドウが立ち上がり、プレビューを見れるが、あまりいらない気もする。
録画を停止したい場合は「Stop Recording」。
録画の停止

「Stop Recording」をクリックすると下記の確認画面に移動する。
Save to DiskでPCに動画を保存できるが、Windows Media Playerなんかでは基本的に再生できない。
さっと確認したいなら、Chromeにドラッグ&ドロップで放り込めば再生できる。

  • Upload:YouTubeやGoogleドライブにアップロード
  • Save to Disk:webmのフォーマットでパソコンに保存できる
  • Delete:削除

録画完了

「Upload」を選択するとYouTubeやGoogle Driveにアップロードして公開できる。
YouTube又はGoogle Driveへのアップロード

YouTubeにアップロードすれば、YouTube動画エディタと無料のオーディオ ライブラリを使えば、簡単に説明動画を作成できる。

録画した動画にちょいと音楽をつけてみた。

カテゴリ:Chrome拡張機能