テクノロジー・動画・写真・デザインとか

この夏惚れた真空断熱サーモスタンブラー

暑い。

夏が暑いのはしょうがないのだが、なんてことだ、サーモスという存在を知らずに今まで暑い夏を過ごしてきたなんて。

暑い夏に銀色に光り輝く真空断熱サーモスタンブラーのボディが、さらにまぶしくてしょうがなかった

Amazon売れ筋商品をたまたま見たら、銀色に光り輝くデザインのボディが目に飛び込んできた。
この暑い夏に銀色に光り輝くボディが、さらにまぶしくてしょうがなかった。
真空断熱サーモスタンブラー
流線型に磨き上げられたそのシンプルデザインは、まるで女性の脚線美のように美しくもあり、女性の瞳のように覗きこむと吸い寄せられるような深淵の縁、その魔力に気づいたら魔の黄色いボタンをクリックしていた自分がいた。

箱のデザインに打ちのめされた

家に届くまで待ち遠しかったのだが、ほどなくAmazonから届けられ、早く魅惑的なボディに触れたい衝動と高揚感に駆られつつ箱を開けてみた。

しかし、自分の期待とは裏腹に、サーモスタンブラーの箱のデザインに打ちのめされた。
サーモスタンブラーの箱デザイン

続きを読む

シンプルデザインで磨き上げらたあのボディデザインに期待しすぎていた自分が悪いのか、あのAppleのiPhoneの箱のような触るとどこか艶やかさがあり、どこか上品さを感じさせる、とまでは言わないがもう少しシルバーボディの風格に見合うデザインに仕上げられたのではないのだろうか。

しかし、しょうがないのだろう、「サーモスタンブラー」はそのボディに全てを注ぎ込んでいるに違いないし、1000円ほどの価格に見合う予算感の中で、一人でも多くの人に使って貰いたいというコンセプトの中で制作されたに違いないし、大人の事情があるのだろう。

あくまでも自分が求めたのはサーモスタンブラーの銀色に輝くボディであって、箱ではないと自分に言い聞かせつつ、箱を開けた。

やはり問題はない、夏空に銀色のボディが光り輝く。
夏空に輝く銀色のボディ

縁は、何かを注いでくれと言わんばかりに広がっている。
縁は何かを注いでくれと言わんばかり

2人が寄り添うことは、運命で決まっていたのは間違いない。
サーモスタンブラーとビールが寄り添うように

見た目はサーモスタンブラーの方が大きく見える。
見た目はサーモスタンブラーの方が大きく見える

しかし、下部にいけば行くほど狭まるため、実際には320mlサイズの許容量は350mlの缶よりも小さい。
320ml、400ml、600mlとサイズがある。
とぼとぼ、シュワシュワっと

惚れた、惚れたよ、結露しないタンブラーに

いつもなら、冷たい飲み物をコップに入れると決まって結露する。
だから、仕事机なんかには置けない、水浸しになるからね。
でも「サーモスタンブラー」は違った、まったくもって結露しないんだ。
だって、保温・保冷力抜群のステンレスによる魔法瓶構造になっているからね。

もう一度、君に言うよ、惚れた、惚れたよ、結露しないタンブラーに。
結露しないタンブラー

ありのままの保冷力は温度に比例する

優しい彼女にでも囁くように言われているようだ、
「ありのままのあなたでいていいのよ」
と。

そう、まるで保冷力に対して、
「ありのままの温度でいいのよ」
と言われているようだ。

室温20度において、4度の冷水+氷を入れた場合、氷は6時間ほど長持ちの保冷力とパッケージの箱に記載があるが、それに期待しすぎて異なる条件下でそれを試してはいけない。

「気温30度以上の真夏の太陽の西日があたる部屋でクーラーも掛けずに扇風機だけが回り、常温の水+氷」で氷が長持ちするだろうなんて期待してはいけない。
ものの15分もしないうちに氷は溶ける。

そう、異なる条件下では、氷の女王もありのままではいられないことと同じだ。

しかし氷は溶けても保冷力は長持ちし、今年の夏はこの保冷力に救われた。

サイズはどれがいいか?

先ほども述べたようにサイズは320mlと400ml、そして600mlとある。

320mlサイズを使ってみた感想

  • 用途によって異なるだろうが、コーヒーを毎日のように飲む自分には320mlのサイズで十分に満足
  • サイズが大きくなればタンブラーのサイズの高さも高くなり、洗う時は専用のタンブラー用のスポンジがあった方が良さそう
  • 350ml缶だと1回では注げなくなるので、結露した缶を濡れてもいいところに置く必要がある
  • 手に程よい大きさ
  • もう少しスラリとしたデザインのインテリア雑貨を望むらなら400ml以上がいいかも

売れ筋は400mlのようだが、上記を参考にしてもらえれば。

ちなみにセット販売もあり、お土産やプレゼントとしても喜ばれるだろう。