テクノロジー・動画・写真・デザインとか

まるでアートのようなポールダンス映像Pole Positions

官能的なダンスとしてイメージが強いポールダンスだが、最近では舞台芸術の公演として演じられ、エンターテイメント集団シルク・ドゥ・ソレイユの演目の一つにも取り入れられたり、さらにはエクササイズとしても認知されているようだ。

緩やかではあるが、Googleトレンドを見ると2013年から2014年にかけて注目度が上がっているのが分かり、確かにポールダンス教室もチラホラと見けるようになった気がする。

そんなポールダンスだが、フォトグラファーでもありディレクターでもあるGeorge Harveyが、ポールダンサーのSarah Scottを映像に捉えた。

Sarah Scottは、ミス・ポール・ダンスUK 2012の優勝者であり、国際的なパフォーマー、インストラクター、X-Poleのモデルでもある。

気だるさを感じさせるピアノの旋律とともに始まる映像は、全くもってこれまで自分が持っていた官能的なイメージを感じさせることはなく、独特の不思議ささえも感じさせてくれる。

スローモーションによるモノクロの映像、そしてゆったりとしたピアノの旋律、これらがまったくもって違う世界を見せてくれるのだ。

まるでムーンウォークをしているかのようなパフォーマンス。
Sarah Scott

続きを読む

ダンス、フィットネスという2つの側面を持つ。
ダンス、フィットネスという2つの側面を持つポールダンス

彼女が持つ体幹と筋肉の力強さ、そしてしなやかさを持ったダンスをGeorge Harveyはアートに結びつけようとしているようにも見える。
体幹と筋肉の力強さとしなやかさを持ったSarah Scott

source nowness