テクノロジー・動画・写真・デザインとか

YouTubeの音楽が聴き放題できるChrome拡張機能Streamus

ソニーが音楽聴き放題のサービスMusic Unlimitedを閉鎖し、同様の海外の音楽サービスSpotify(スポティファイ)と連携するという「PlayStation Music」発表をしたのだが、残念なことに日本は含まれていないという。

そんでSpotifyも日本にやってくるやってくると言われながらも、結局はやってこないのは大人の厚い事情による都合なんだろうなと勘ぐりして日々悶々としている今日この頃。

でもChrome拡張機能Streamusがそんな悶々を全て吹き飛ばしてくれる。

Chrome拡張機能Streamusの特徴

YouTubeの音楽が聴き放題できる

音楽が大好きだという開発者のSean Andersonは、ある日、友人とビールを飲んでいる時に「自分はあまりにも多くのYouTubeをブックマークしている」と思ったというのが開発のキッカケに至ったというこのStreamusは、YouTubeの音楽をStreaming(ストリーミング)で聴き放題にできるChrome拡張機能だ。

このStreamingってのがミソだが、インターネットに常時高速で接続できる今どきでは音楽を自分のPCにダウンロード保存する必要もないし、自分のPCのストレージ容量が圧迫されることもなく音楽を聴き放題できる。

プレイリストを共有できる

面白いのは、自分が作ったプレイリストを他の人と簡単に共有できるということだ。
友達とワイワイしたい時や、大好きな彼女彼氏とハッピーな曲を共有したいとか、そんな音楽をプレイリストとして作成すれば、簡単に共有できるようになっている。

続きを読む

新しい音楽たちに出会える

ラジオ的な機能も備わっており、それを利用することで関連のありそうな音楽も流れてくるので、自分の知らない音楽に出会えるチャンスがある。

家でも職場でもWindowsでもMacでも利用できる

ChromeでGoogleのアカウントにログインしていれば、家でも職場でもお気に入りのプレイリストを利用できるし、WindowsでもMacでもハッピーになれる、そうStreamusならね。

インターフェース自体もシンプルで、まるでマテリアルデザインを彷彿させるものになっていて、動画映像を見るというよりも作業用BGMとして活用できる。

Streamusの使い方

ここからインストール。
https://chrome.google.com/webstore/detail/streamus/jbnkffmindojffecdhbbmekbmkkfpmjd
(2015.7.27 残念ながら削除されたようだ)

作者のサイトから「Install extension now」で直接インストールもできる。
Streaming YouTube music made simple by Google Chrome – Streamus

なおYouTubeのアカウントと連携したGoogleアカウントにはログインした状態での解説になっている。

検索

無事インストールができるとChromeのアドレスバー(オムニバー)で、「streamus」と入力してタブバーを押すと下図のように表示されて、自分の好きなアーティストや曲のタイトルで探せるようになる。
Streamusの使い方

ツールバーのアイコンをクリックするとこんな風に表示されるが、タブで開いて使うこともできるので、今回はこのタブを開いた状態でキャプチャ画像を取って解説してる。
タブで開く

アドレスバーから検索できるのはもちろんだが、ツールバーのインターフェースから検索することもでき、日本語も使えるようになっている。

検索するとこんな風に表示され、検索結果リストの上にマウスオーバーさせるとストリームやプレイリストに追加ができるようになる。
ストリームは、TwitterやFacebookで言えばタイムラインのようなもので、検索結果の音楽を再生したりストリームに追加するとその一覧に表示される。
YouTubeの音楽を検索

検索結果のリストは、アイコンをクリックして複数選択した状態で一括登録などが簡単にできる。
一括操作

ストリームやプレイリストに追加した曲は右クリックして「Watch on YouTube」で直接YouTubeで閲覧できるようになっている。
YouTubeで閲覧

プレイリストの作成

マウスオーバーして「Save」アイコンをクリックすると、「Create playlist」でリストを作成でき、ウィンドウが表示されたらリスト名を入力して「Create」で作成できる。
プレイリストの作成

なおストリーム上やプレイリスト上で検索結果リストをドラッグすると順番の並び替えができる。

プレイリストの共有

作成したプレイリストは、左上のメニューから表示でき、右クリックすると「Copy URL」ってのがあるのでコピーしてメールなどで共有できる。
プレイリストの共有

ちなみに、こんな感じのURLが作成される。
https://streamus.com/share/playlist/81ac43c0c676/taylor_swift

アクセスするとこんな感じの画面が表示され特に何も表示されないが、プレイリストの一覧を見ると共有したプレイリストが追加されるようになっている。
URLにアクセスするたびにそのプレイリストが追加されるようになっているので、気をつけたいところだ。
共有リスト

ラジオ機能

ラジオ機能は検索してストリーム上に追加した音楽に関連した音楽を順次、自動で再生してくれるようになっている。
ラジオ機能は、シャッフルやリピートをオンにしていると機能しないので注意が必要だ。
また関連した曲を自動で再生してくれるのだがYouTubeは無法地帯的な要素もあるので、それらが混じってる場合がありノイズもあったりする。
ラジオ機能

YouTubeページからもプレイリストに登録可能

ちなみに拡張機能をインストールするとYouTubeのページからもプレイリストに登録ができるようになっていて、かなり便利。
YouTubeからもプレイリストに登録可能

設定とか

Chromeのバックグラウンド再生

なお、Chromeのブラウザ画面を全て閉じても音楽が流れている場合にはバックグラウンド再生が許可されているので、Chrome自体の設定から下記のようにアクセスしてチェックを外しておくといい。
「設定」

「詳細設定を表示…」

システム「Google Chromeを閉じた際にバックグラウンドアプリの処理を続行する」

音質設定

画面右上のメニューで設定してきたいのが、音質設定。
「Settings」

「Song quality」 → 「Highest」

ざっとの使い方はこんな感じだが、この手のYouTubeを介したサービスは閉鎖することが多いのだが、これが生き残っているのはChromeのアドレスバーでの検索時にStreamusのサイトを介してる点からして独自のデータベースを自前のサーバーに持っているのかなと想像してみたりするのだが、どうだろうか。

音楽聞くなら最近のワイヤレスなイヤホンが欲しいよね。

カテゴリ:Chrome拡張機能, 音楽