テクノロジー・動画・写真・デザインとか

iPhoneのブラウザアプリFirefoxに見るアプリの収益方法

先日、iPhone向けのブラウザアプリFirefoxが公開されたのだが、StatCounterのブラウザシェアデータを見てみると、Firefoxのシェア率のピークは2009年11月の32.21%で、Chromeにシェア率を奪われてからも徐々に減り続け、2015年10月では約半分の15.53%まで下がっている。
ブラウザのシェア率

IEに変わってWindows 10から登場したMicrosoft Edgeが、今後どのように食い込んでくるか今後の動向も気になるところで、このまま行くと10%以下に下がりそうなFirefoxの運命。

Firefoxと言えば2004年から2014年までの10年間、パートナーシップとしてGoogleがデフォルトの検索エンジンとして利用されることで収益を得ていたが、それを解消してYahooに切り替えたってのは記憶にある。

そんな感じのFirefoxがここに来てiPhone向けにアプリを公開したというので使ってみたが、既にSafariやChromeを使っているので特にこれだという目新しさは感じられなかったが、使っていて気になる点があったのでちょいと紹介。

続きを読む

キーワード検索欄にキーワードを入力してみるとこのように検索候補とは別にキーボードの上にクイック検索エンジンが並んでいるのが分かる。さらに他の検索エンジンも追加できたりすれば、さらに便利そうな感じはする。
んで、その一つAmazonをクリックしてみる。
iPhone Firefoxで検索

当然のごとくAmazonのページが表示されるわけだけど、感のいい人はもう気づいたかもしれない。
Swiftの検索

Amazonのページに移動したそのURLをふと調べてみたら、こんな感じ。
https://www.amazon.co.jp/gp/search?field-keywords=swift&index=blended&tag=mozillajapan-fx-22&sourceid=Mozilla-search&__mk_ja_JP=%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%82%AB%E3%83%8A&linkCode=qs

もうちょうい見てみると、こんなのが。
tag=mozillajapan-fx-22

要はAmazonのアフィリエイトタグがURLの中に含まれていたっていうこと。
ユーザーが入力したキーワードを通してAmazonで検索、それをユーザーが購入すると運営元のMozillaに数%のギャラが入ってくるってこと。

デスクトップPC向けのFirefoxのAmazon検索も調べてみたら、同様だった。
へー、こんなところで密かに収益を狙ってたんだなと思ったわけだね、初めて知った。

アプリの収益化方法はいくつか方法があるだろうが、単純に一定の価格設定をして販売したり、アプリ内にnendの広告を貼ったりするなんてのがポピュラーだろうが、こんなのもあるんだなと。

フリーミアムなんて言葉が一時期流行っていたけど、サービスを無料で提供するかわりにどこかでマネタイズできないとEvernoteのように深刻な状況に陥ってしまう。

アプリを作れる人は、こんな手法もあるよってことでうまくアイデアを活かせるかもしれないというお話。

Swiftを勉強してアプリを作りたいねー。


たのしいアプリプログラミング 〜 Swiftで始めよう!

カテゴリ:iPhone