テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Power Peraltaのキレキレのダンスにしびれた!

観るよりもやる方が楽しい事っていっぱいあると思うけど、逆にやるよりも観ている方が楽しいこともあるわけで、自分の場合にはその一つがダンスだったりする。

以前に映像とのコラボ、見ておきたいダンス動画ってのをまとめたことがあったが、今回は単純に一目見てしびれたダンス動画をちょいと紹介。

このダンス動画を知ったのはミュージシャンNe-YoがFacebookに投稿されたのを観たのがキッカケだったが、ダンスに使われているマイケル・ジャクソンのDangerousというアルバムの中に収録されていたナンバー「JAM」にしばし耳を傾けていたが、ダンサブルなナンバーであることも相まってか、ダンスデュオ「Power Peralta」のキレキレのダンスにしびれた。

ダンスデュオ「Power Peralta」

続きを読む


ダンスデュオと言えば最近はAyaBambiのシンクロ感が半端ないのだが、このダンスデュオ「Power Peralta」もそれに負けないぐらいにシンクロしている。

AyaBambiがレズビアンの夫婦であるのに対して、Power PeraltaはGabriel Ignacio (ガブリエル・イグナシオ)とRaúl Eduardo Peralta Valenzuela (ラウル・エドゥアルド・ペラルタ・ヴァレンズエラ)の男性ユニットで、1982年9月2日にチリのサンティアゴ生まれの双子のようだ。
さらには両親にダンス教師と国立バレエ団の元メンバーだとかで、なるほどと頷ける。

ジェニファー・ロペスのプロジェクトに参加したり、シルクドソレイユの「マイケル・ジャクソン One」にも参加したという折り紙つきの実力だ。
こちらのEn Dance Studioのブログによると、2015年には日本にも訪れてWorkShopを行っていたようだ。
シルクドソレイユにも参加したとか

現在はロサンゼルスを活動拠点にしているようだが、とあえずは10万件近くのいいねが付いたキレキレのダンスをぜひとも見て欲しい。マイケル・ジャクソンを彷彿せるような振付も見逃せない。

興味のある人は公式サイトとかFacebookをチェックしておくといいだろう。

ほんの少し参照:Power Peralta

カテゴリ:動画・映像