テクノロジー・動画・写真・デザインとか

サバイバル・ゾンビ・ドラマ「ウォーキング・デッド6」がHuluで今日から配信だから皆で観よう

衝動に駆られて海外ドラマを観ることがしばしばあるが、ハマりだすと止まらなくてついついぶっ通しで観ることがある。そんで3ヶ月ほど前ぐらいからウォーキング・デッドを観始めて、これが面白くてノンストップな勢いでシーズン1~5までぶっ通しで観てしまった。

ウォーキング・デッドは、2010年からシーズン1が放送開始されたサバイバル・ゾンビ・ドラマで、その人気に支えられてシーズン7までが制作されており、現在のところ、日本ではHuluなどの映画やドラマ見放題のサービスではシーズン5までを観ることができる。

そんで、10月11日の今日からシーズン6がHuluで全話放映される。さらには10月24日からは、シーズン7のリアルタイム配信 (PCのみ) も決定しているからウォーキング・デッドファンはウズウズせずにはいられない月間になることだろう。

Huluは、海外の映画・ドラマが月額933円で観放題となっている。ちなみに1話目は無料で視聴できるけど、それだけ観ても面白さは分からない、さらに観続けることでその面白さが分かるはず。
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!

ストーリーは簡単に言うと、突如として「ウォーカー」と呼ばれるゾンビが徘徊するようになったアメリカ。ゾンビは銃声を聞きつけると集団でそこに群がったり、さらには噛みつかれた人もドンドン感染してゾンビ化していく、その荒廃した世界を生き残った様々な人間がサバイバルしていくというお話。

続きを読む

時にはゾンビと対峙する時もあれば、時には生き残った人間同士で対峙する事もあるハラハラする内容や、人間としての尊厳は何かというヒューマン・ドラマ性もあり、テレビドラマだとは思えないクオリティの高さやエンターテインメント感タップリでグイグイ引き込まれる要素がある。単なるサバイバル・ゾンビ・ホラーだったら、シーズン7まで製作されることはない。そう、単なる「ホラー」ではなく「ドラマ」なのだ。

ハラハラ・ドキドキ感や、物語の進行上で主人公のリックが様々な場面に遭遇し究極の選択を迫られる事がしばしばあるが、海外ドラマでも人気のある「24」と同様の緊張感があると言える。個人的には主人公のリックと「24」のジャック・バウアーのキャラクターって結構かぶっているんのではないだろうかと感じたりもする。

製作サイドで観ると、「ショーシャンクの空に」「グリーン・マイル」を手掛けたフランク・ダラボンが脚本・監督を担当していて、自分の好きな映画の一つで皆にもお薦めしたい「ショーシャンクの空に」を手掛けた監督作品ということでも安定感はあり、シーズン1は第68回ゴールデングローブ賞のテレビシリーズ賞(ドラマ部門)などにノミネートされており、その面白さは折り紙付きと言える。

まーとりあえずは程よい季節になったので、皆でウォーキング・デッドを観ようってことで。
海外の映画・ドラマが月額933円(税抜)で今すぐ見放題!今すぐ無料視聴!