テクノロジー・動画・写真・デザインとか

2016年人気のTedトーク・ベスト10

以前に最も見られているおすすめのTEDプレゼン・ベスト25ってことで歴代の人気のTEDトークを紹介したが、2016年版の人気のTEDトークが公開されていたので軽く紹介。

ちなみにiPhoneの人は日本語と英語の字幕が同時に表示できるTEDICTってアプリがお薦め。

ジェイムズ・ヴィーチ : 詐欺メールに返信すると何が起きるのか

11,898,337 View | TED.com

詐欺メールが届き、それが詐欺メールであることを理解した上で削除せずにあえて対応をするとどうなるか?という試みをトークしている。
日本なんかでは同様のネタとしてLINE詐欺を狙ったものに対して対応をする人がいたけど、それと似たような感じだろう。

ティム・アーバン : 先延ばし魔の頭の中はどうなっているか

9,723,478 View | TED.com

先延ばし脳な人の頭の中がどのようになっているのかを、非常に分かりやすく解説している。簡単な対処法も紹介されている。ついつい先延ばししてしまう人はチェックしておくといいかも。

セレステ・ヘッドリー : 上手に会話する10の方法

6,218,389 View | TED.com

会話をしているときには相手の目を見たり、相槌をしたり、微笑んだりするのが会話を円滑にすると言われているが、セレステ・ヘッドリーに言わせればそんなのは役に立たないと。わりと気軽に視聴できるトークとなっている。

続きを読む

ジャドソン・ブリューワー : 悪い習慣を破る簡単な方法

5,956,163 View | TED.com

残念ながら日本語に翻訳されていないが、どうしても中身を知りたい人はリンク先ページの英語をGoogle翻訳を使って翻訳するといいだろう。

アダム・グラント : 独創的な人の驚くべき習慣

4,732,239 View | TED.com

先延ばし魔は生産性においては悪徳だが、創造性においては美徳であったりとか、より独創的になりたければより多くのアイデアを生み出す必要があるとか、ついついメモりたくなるようなフレーズを語るアダム・グラントのお話。企業家、ビジネスマンなんかにお薦めなトークで、先程のティム・アーバンの「先延ばし魔の頭の中はどうなっているか」を予め聞いておくと話がつながって面白い。

カン・リー : 子どもの嘘は見抜けるか?

3,946,297 View | TED.com

子供の嘘を見抜けるかという話から、経皮光学画像に関するテクノロジーの話がなされている。顔の表面化にある毛細血管の動きを捉えてその人の状態を知るという研究だ。将来的には面白そうな方向に発展しそうで、なかなかに興味深い。

レシュマ・サジャーニ : 女の子は完璧さよりも勇気を

2,896,243 View | TED.com

完璧を求められて女の子は育てられるのに対して、男の子はやんちゃに育てられる。そうなると挑戦に対して諦めやすくなる。そうではなく、もっと勇気を出す行動を、というお話。

ブライアン・リトル : 自分はいったい何者なのか―性格の謎を解き明かす

2,826,917 View | TED.com

内向型人間と外向型人間の違いについての解説。それと自由特性についてのお話。人間って思ったよりも変幻自在であると話を聞いて感じる。

ジュリア・ゲレフ : 間違っているのに正しいと感じるのはなぜなのか

2,758,700 View | TED.com

斥候の仕事の例を紹介しつつ、人間の偏見や先入観がもたらすものが語られ、それが自分の信念を守ることなのか、それとも世界を可能な限り明快に見通すことなのか?と問いたお話。
『星の王子さま』を書いたサン=テグジュペリの言葉「船を造りたいなら 木を集め 手分けして仕事するよう 部下に命じるのではなく 広大で果てしない海への憧れの気持ちを 引き出してやることだ」が印象的だった。

ションダ・ライムズ : すべてにイエスという年

2,623,656 View | TED.com

一年間、苦手なものに対して全て「イエス」と言ってみたら、 怖気づいてしまうことをやってみることで不安が消え、もう怖くはないと語るテレビ番組を製作しているションダ・ライムズのトーク。

via TED.com