Microsoft 365のライセンス追加とユーザーの割り当て方法

MicrosoftのOfficeはデスクトップPC向けの他にサブスクリプション(サブスクリプションとは?)で利用するサービスの2つがあるが、そのサブスク型のMicrosoft 365のライセンスを追加する方法とユーザーへの割り当て方法の覚書としてまとめてみた。

ライセンス追加とユーザーの割り当てとは?

ライセンスを追加することで、組織内のユーザーに対してそのライセンスを割り振ることができるようになり、ライセンスを割り振られたユーザーは契約したMicrosoft 365の有料ユーザーとしてサービスを利用できるようになる。

契約したMicrosoft 365の内容によっては、Outlook、Word、Excel、PowerPoint、Publisher、AccessなどのOffice製品やMicrosoft Teamsの有料版が利用できるようになっている。

ライセンス制は、割り当てたユーザーが不要になった場合は簡単に増減ができるので、規模が大きくなった企業は利用すると管理が一元化されて管理が楽になるメリットがある。

なお、ライセンスは基本的に解除しない限りは月額課金で自動延長される。

ライセンスの追加

まずは「Microsoft 365管理センター」に管理者権限を持つユーザーでアクセスしてログインする。
https://admin.microsoft.com/Adminportal/#/subscriptions

アクセスすると、サイドメニューの「お使いの製品」というメニューにアクセスした状態になっているので、右側画面のサブスクリプション登録してるサービスを確認し、ライセンスの追加/削除をクリック。

下記画面が表示されたら、「合計ライセンス」の右横のステッパーで必要に応じた人数分を追加するか、多数のライセンス追加する場合は直接入力で行い、金額を確認して変更内容を送るクリックでライセンスの追加が完了する。なお、手入力する場合は、数字の入力は半角で入力する必要がある。

ユーザーの割り当て

続いては、購入したライセンスをユーザーに割り当てるのだが、ユーザー追加時に独自のドメインが設定されていると管理がしやすいので、やっておくことをお薦め。詳細はこちら。

先ほどと同様に「Microsoft 365管理センター」に管理者権限を持つユーザーでアクセスして、ユーザーの追加画面にログインする。
https://admin.microsoft.com/AdminPortal/Home#/users

アクセスできたら、ユーザーの追加をクリック。

続いては、追加するユーザーの情報をサンプルを参考に入力。終わったら次へ進む。ちなみに、「ユーザー名」は先程も述べたようにドメイン認証しておくと独自のドメインがサンプルのように指定できる。

そしたら、契約しているライセンスの製品を選択して、次へ進む。

続いては、ユーザーに関する様々なオプション設定。必要に応じて設定をし、次へ進む。

最後に追加したユーザーの情報に問題がなければ、追加の完了で作業は完了。

関連記事

シェアする

カテゴリ:Microsoft