Amazonのログイン(サインイン)方法とできない場合の対処法

Amazonを利用するには、アカウントを作成してログインした状態でサービスを利用する必要がある。ここでは、ログインの手順についてまとめてみた。ちなみに、サインインもログインと同じ意味である。

スマホアプリでログイン

スマホを利用していて、急用でSafariやChromeのブラウザでAmazonにログインする必要がない場合にはiPhone用AmazonアプリAndroid用Amazonアプリを利用してのログインをおすすめする。アプリの方がサクサク動作し、意識してアプリを利用することでフィッシングメールの被害を抑えることができる。

スマホアプリでのログインのやり方だが、アプリを起動するとホーム画面が表示され、ログインというボタンがあるのでそれをタップ。アプリのバージョンによっては表示位置が異なる場合があるが、「ログイン」という文字があるので、それを探してタップすればOK。

そしたら、メールアドレスか電話番号を入力して次に進むをタップ。メールアドレスが間違っている場合には、ここから先には進めないはずなので再確認を。

あとはパスワードを入力してログインをタップすればOK。

PCでログイン

PCの場合には、Amazonにブラウザでアクセスし、画面右上のアカウント&リストをマウスオーバーし、表示されたメニューのログインをクリック。

そしたら、ログイン用のメールアドレスを入力して次に進むをクリック。次に進めない場合は、メールアドレスが間違っている可能性があるので、再確認を。

最後にログイン用パスワードを入力し、ログインをクリックしたら完了となる。

ログインできない場合の対処法

できない場合の原因としていくつか考えられるのだが、原因として考えられそうなものをピックアップしてみたので対処法を参考にしてもらえれば。

  • メールアドレスが間違っている
    たまに自分もやってしまうことがあるのだが、メールアドレスが何気に間違っていることがある。同じ文字を繰り返し入力している、スペルが違っていないかを確認してみよう。なお、間違えないで素早くメールアドレスを入力する方法としては、辞書に登録して簡単に呼び出せるようにするのがお薦めだ。
  • パスワードが間違っている
    これもメールアドレスの入力間違いと似ているので、再確認を。
  • ログイン時に画像の内容を求められる
    ログイン時に画像に表示されているテキストの文字入力を求められることがあるが、それが結構分かりづらかったりする。その場合には、音声を使うといい。音声の場合、英語で1桁の数字の発音がなされるので、さほど難しくはないだろう。

偽物のログイン画面に注意

最近はフィッシングメールと呼ばれる詐欺にあう人がしばしばいるのだが、これはパスワードの変更が必要だという詐欺メールを送りつけ、Amazonの偽サイトに誘導し、パスワードを入力させて盗み取るという詐欺手法だ。

実際に下記のような内容で来る。Amazonからこのようなメールは来ないので、絶対に「ログイン」を押してはいけない。

これを回避するには、iPhone用AmazonアプリAndroid用Amazonアプリを利用してのログインをすること。これにより、変なサイトにアクセスすることもないので、リスクを回避できる。

PCの場合には、Googleの検索エンジンで「Amazon」と検索するか、「 https://www.amazon.co.jp/ 」の正規のアドレスが合っているかを確認すること。詐欺サイトだと微妙に一文字違うURLのサイトに誘導する事があるからだ。

ログインで電話番号必要?

長年Amazonを利用していて電話番号を登録したことで不都合や問題が起こったことはないし、むしろアカウントの乗っ取りを防いだり、セキュリティを高めるために電話番号は登録している。

と言うのも2段階認証を設定することでこのリスクを低減させることができるからだ。やり方については下記記事を参照。

Amazonでお得に買い物する方法

Amazonの大型年末セールブラックフライデーセールは、Amazonプライム会員になると2%のポイントアップ。

AmazonではAmazonギフト券チャージページにアクセスして、現金でチャージするとチャージ金額に応じて最大で2.5%のポイントが貰える。

チャージ方法、詳細については下記の記事を参照してもらえれば。

シェアする

カテゴリ:
Amazon