テック・ガジェット・写真とか

アマゾンプライム会員がひどい?勝手に600円引き落とされる?

Amazonでしばしば買物をしているのだが、ふとGoogle検索の入力欄で「アマゾンプライム会員ひどい」という検索候補が表示され、気になって調べてみた。

関連 Amazonプライムはやめたほうがいい?やめる理由は?

アマゾンプライム会員がひどい理由

勝手にプライム会員になる

調べてみるとアマゾンプライム会員がひどいとされる理由の1つに、

「勝手にプライム会員になる」

というのがある。

よっぽどのシステムエラーが起きない限り、勝手にプライム会員になるなんてことはなく、自分の意志で契約をしなければ悪質な詐欺行為にあたるのだが、ちょいとAmazonプライム会員登録ページを覗いてみることにしてみた

Amazonプライム登録ページ

関連 Amazonプライム会員の登録方法。入会方法とプライム会員でできること

アクセスすると下記のようなページが表示され、「30日間の無料体験を試す」というボタンがあり、無料で30日間体験することができるというのが分かる。また、ボタンの下には「無料体験終了後は¥600/月で特典使い放題」と記載がある。

アマゾンプライム会員がひどい?の検証

なるほど、「無料体験終了後は¥600/月で特典使い放題」とあるので、なんとなしに無料体験後は有料なのかなともこの段階では思えるが、これを読まずに「30日間の無料体験を試す」を選択して進む人もいるかもしれない。

さらに「30日間の無料体験を試す」ボタンをタップして登録の手続きを進め、決済情報にクレジットカードを登録して最終の登録確認画面まで進んだのが下記の画像だ。

アマゾンプライム会員がひどい?自動更新案内

ここでは、「重要なお知らせ」に注目してみたいが、冒頭に下記の内容が記されている。

Amazonプライムに登録することにより、お客様はAmazonプライム会員規約及び、30日間の無料体験期間後に、当サイトがお客様の登録されたデフォルトの支払手段又は、お客様が登録された別の支払手段に対して月間¥600のプライム会費を請求することに同意されます。

これは、内容が少し分かりづらいかもしれないが、無料体験をするということは「30日間の無料体験期間後は自動でプライム会員に切り替わり、登録した支払情報に対して請求をする。」に同意するものとみなすと述べている。

以上のことから、「勝手にプライム会員になる」というのは、無料体験後は自動でプライム会員に切り替わるため、無料体験期間が終了する前に自分でキャンセルをする必要があるということだ。

これの問題として以下が考えられる。

  • ユーザーが注意文言をきちんと読んでいない
  • 注意文言のプライム会員に自動で切り替わるという内容が分かりづらい

なお、自分がAmazonプライム会員かどうかを確認したい場合は、下記記事を参照。

関連 Amazonプライム会員情報を確認する方法。スマホでのやり方も

勝手に600円引き落とされる?

「勝手に600円引き落とされる?」についても、上述の「重要なお知らせ」の通り、無料体験後は自動でプライム会員に切り替わるため、600円の請求が発生する。また、同様に下記の記載の通りキャンセルをしない限りは600円を毎月請求されることになる。

お客様のプライム会員資格は、キャンセルされるまで毎月自動で更新し、毎月、更新日に会費が請求されます。

下記の画像は、クレジットカードなどの決済情報を登録しつつAmazonプライム会員に未加入の状態で、商品をショッピングカートに入れて決済画面に進んだもので、ここにも重要なお知らせが記載れているが、プライム会員に登録したくない場合は「プライム無料体験を試さない」を選択する必要がある。恐らくここで「次に進む(試す)」を選択してしまう人が多いことが一番の原因ではないかと考えられる。

アマゾンプライム会員がひどい?決済時の案内

Amazonプライムの登録、及び決済については下記のような流れ、仕様になっている。

  • Amazonプライム会員に登録するには、決済情報を登録する必要がある
  • 無料体験後は、自動で有料会員に切り替わる
  • 有料会員に切り替わった後は、登録した決済情報に対して請求が自動で発生する
  • 以後、キャンセルをしない限り自動で毎月、あるいは毎年請求が行われる

ただ、この自動引き落としは初期設定では引き落とし前のメール通知がないために、ユーザーが忘れて請求されてしまうケースもある。なので、Amazonプライム会員の設定で3日前に通知が届くように設定しておくといいだろう。

手順については下記記事を参照。

関連 Amazonプライム自動更新解除メールの設定方法

Amazonプライムの引き落とし日や領収書を確認するには、下記記事を参照。

解約の仕方が分かりづらい

様々なアプリやWebサービスを初めて使う初心者、あるいはITに疎い人にとってはアプリやWebサービスを使いこなすのはそれなりの労力が必要だ。

そういう人たちにとってAmazonプライムの解約のやり方も難しいかもしれないが、今では「amazon プライム 解約」とやり方をGoogle検索すれば、様々なサイトで図解入りで手順が紹介されている。なので、難しいと感じる前にGoogleで検索してみるといいだろう。

解約はAmazonプライム会員ページからできるようになっている。

Amazonプライム会員ページ

手順については当サイトでもやり方を紹介しているので参考にして貰えれば。

関連 Amazonプライムの解約方法。iPhoneのスマホでのやり方も

得か損かが分からない

Amazonプライム会員の料金は、月額600円、年額5,900円(月換算408円)となっているが、これが安いのか高いのか?果たしてお得なのかという疑問が湧くが、これは個々の価値観によるものだと言わざるを得ない。

例えば、ハワイ旅行は数十万円の旅行費が掛かるのにも関わらず好きな人は行きたがるだろうが、まったく興味がない人にとっては、その数十万の価値は無いと言える。

個人的にAmazonプライムで一番価値が高いなと感じて利用しているのが、スマホなどの画像を容量無制限でクラウドに保存できるということだ。

以前はGoogleフォトが無料で容量無制限を提供していたが、それが利用できなくなったのでAmazonフォトを利用している。

他のサービスの場合、容量に制限があったり年額5,900円でこれを実現しているサービスは見当たらないのではないだろうか。スマホでよく写真を撮る人にはおすすめと言える。

Amazonプライム会員の場合には、会員情報ページで利用状況に応じてどれぐらいお得なのかを表示してくれるようになっている。

Amazonプライム会員ページ

下記の画像は筆者が実際に利用したAmazonプライムのお得な状況だ。月に1回程度は利用しているような状況となっている。

Amazonプライムでのお得な状況

配送料なんかが気になるところだが、Amazonプライムに加入していない場合の販売業者がAmazon.co.jpとなっている場合の配送料は記事執筆時点では下記の通り(参照先)となっており、年に3、4回ぐらいしか利用しないならプライム会員になる必要はない。

条件届け先
本州・四国(離島を除く)北海道・九州・沖縄・離島
注文金額2,000円以上無料無料
注文金額2,000円に満たない410円450円

あとは、特定の映画やドラマ、アニメ、電子書籍の見放題、音楽の聴き放題だが、これは人によっては物足りないと感じる人もいるだろう。

また、これらのサービスは、一定の期間は視聴が可能だったりするが、期間が過ぎると観れなくなるものもある。年間で5,900円なので、これは致し方ない。

これらに興味がないのならまったくもって価値は見いだせないしAmazonプライムを利用する必要はないだろうが、会社に所属している人ならこの価格でこれらのサービスを提供できる事がどれぐらい凄いのかは分かるのではないかと。

配送の問題

Amazonは、様々な配送業者と提携して商品を配達している。

配送の遅延や、配送した商品の梱包、置き配などに問題があったりする事をツイッターの投稿などで見かけることがある。

これは下記のような様々な原因が考えられるし、冷静にそれらを検証してみるとAmazonプライムを利用した事に限る話だけではないだろう。

  • システムによるトラブル
  • 天候によるトラブル
  • 交通の混雑状況によるトラブル
  • 物流・運送業の人手不足
  • 提携している配達業者、あるいはそこに所属する個人の意識の問題
  • コンビニやAmazonハブロッカーなどを利用できない商品や状況
  • 購入者の受け取れる時間が限られる
  • 集合住宅などの受け取りの郵便ポストに問題がある
  • 置き配を利用できないような環境や状況
  • 再配達問題

個人的にはわりと問題なのは人手不足なのではないだろうかと考えられる部分もあり、配送の時間は心の余裕を持つべきだろうし、配送商品に問題があるなら返品という形で対応してもらうといいだろう。

Amazonプライム特典未利用の場合には返金

なお、間違ってAmazonプライムに登録したもののAmazonプライムの特典を利用していない場合には、返金されるので、慌てず解約をするといいだろう。

関連 Amazonプライムの解約方法。iPhoneのスマホでのやり方も

関連記事

Amazonの使い方一覧を見る