テック・ガジェット・写真とか

BetterTouchToolの使い方/動かない場合の対処法

Macbook Airを購入して最初に感動したのが、マルチタッチトラックパッドだった。
これまでのノートPCとは比較にならないほどに指の動きに対して滑らかで、直感的な操作ができたからだ。

そんなトラックパッドをさらに使いやすくするのが、BetterTouchTool。

関連 BetterTouchToolを使ってタッチバーをカスタマイズする方法

BetterTouchToolとは

BetterTouchToolは、Macで使用するトラックパッドやキーボード、マウス、タッチバーなどにMacのショートカット操作などを割り当てることができるソフトで、様々な操作を自分好みにカスタマイズすることで作業効率を上げることができる。

例えば、ピンチインでウィンドウを閉じるトラックパッドジェスチャーをセットすることで、わざわざカーソルを閉じるボタンまで移動させることなく、様々なウィンドウをピンチインだけで閉じることができるようになる。

ライセンス・アップデートについて

Mac専用のアプリでWindows版はない。また、45日間の無料体験ができ、それ以降は有料ライセンスとなる。

  • Standard License(スタンダードライセンス)
    価格:7.5ドル
    2年間のアップデートが保証され、その後も最後に使用しているバージョンを継続して使用できる
  • Lifetime License(ライフタイムライセンス)
    価格:21ドル
    永久ライセンス

なお、バージョン3では、一部英語表記もあるが日本語に対応している。

BetterTouchToolのダウンロード/インストール

BetterTouchToolのダウンロードは下記のページにアクセス。
https://folivora.ai/

アクセスするとDOWNLOAD TRIAL (45DAYS)というボタンがあるので、クリック。
Bettertouchtoolのダウンロード

ダウンロードが完了すると「BetterTouchTool.zip」というファイルが保存されるので展開する。BetterTouchToolというファイルが展開されたら、起動する。

こんな案内が表示されるが、開くを選択。
Bettertouchtoolの利用警告

さらにこんな案内が表示されるので、チェックを入れてMove to Application Folderをクリック。ファイルがアプリケーションに移動するので、今後はそこから開けるようになる。
bettertouchtoolをアプリケーションフォルダに移動

アクセシビリティの制御を許可

下記の手順でアクセシビリティの制御許可を出しておく。Mac OSのアップデートをした場合には、リセットされる可能性もあるので、動かない場合はこれチェックアイコンを切ってい再度入れてみるといいだろう。

  • システム環境設定を選択
  • プライバシータブを選択
  • アクセシビリティを選択し、左下の鍵アイコンで設定許可を出す
  • BetterTouchToolにチェックを入れる

Bettertouchtoolが動かない場合はアクセシビリティを確認

BetterTouchToolの使い方

サンプルでピンチインしたら、画面が閉じるアクションを追加してみよう。基本的には、下記の流れとなる。

  1. トリガー(Trigger)を追加
    →アクションを実行するための操作、キッカケ、タイミング
    例:ピンチインの操作(でウィンドウを閉じる)
  2. アクションを追加
    →上記のトリガーが発動したら行うアクション
    例:ウィンドウを閉じる

BetterTouchToolが起動したら下記のような画面になるので、左サイドバーのすべてのアプリを選択した状態で、画面上部のプルダウンメニューからトラックパッドを選択し、トリガー追加アイコンをクリック。
Bettertouchtoolの使い方

するとトリガー(Trigger)の設定が追加される。トリガーとは、「何かしらの操作をするタイミング」のことで、今回の例で言えば、「ピンチインの操作をするタイミング」というトリガーを追加する事になる。

そしたらSelect Triggerをクリックして、2本指ジェスチャーのプルダウンメニューからピンチインを選択。
BettertouchtoolにTrigger(トリガー)を追加

次は、最初の操作を割り当てるの追加アイコンをクリック。
Bettertouchtoolに操作を追加する

そしたらキーボードショートカットを送信するの欄を選択した状態で、キーボードのCommand + Wを押してアクションをセットする。念の為に「Command + S」で保存しておこう。
Bettertouchtoolにアクションを追加する

以上で基本的な設定は終わりで、あとは実際にブラウザやファインダーを開いてピンチインをしてみて、ウィンドウが閉じるかを確認。

ちなみに、左下の+アイコンからアプリを追加して個別に設定することも可能だ。
Bettertouchtoolは個別のアプリに対しても設定できる

ショートカットキーがない操作を割り当てる

例えば、Chormeのメニュー「ウィンドウ」の中にある「拡張機能」にはショートカットキーは割り当てられていないが、これもBetterTouchToolを使うことで簡単にカスタマイズできる。

  • Chromeを開いた状態で操作
  • +をクリックして実行中のアプリからアプリを選択Chromeを選択
  • ②サイドバーのChromeを選択
  • キーボードショートカットを選択
  • トリガーを追加してショートカットを設定。サンプルでは「Command + .」
  • アクションを追加
  • メニューバーのメニューアイテムをトリガーを選択

Bettertouchtoolのおすすめ設定

Chromeのメニューを確認。「ウィンドウ」→「拡張機能」とアクセスするのが分かるが、ショートカットキーは割り当てられていないのが分かる。これをショートカットキーで使えるようにする。
Chromeのメニューを確認

そしたら、アクションの空欄に「ウィンドウ;拡張機能」と入力して保存する。「;(セミコロン)」は半角で入力。以上で設定では完了なので、キーボードショートカットで動作するかを確認。
Betertouchtoolでショートカットを設定

動かない場合の対処法

設定したのにも関わらず動かない場合は、下記を色々と試してもらえれば。

常時起動している必要がある

常時起動していないと動作しないので、モニター画面右上のメニューバーにBetterTouchToolがあるかを確認。設定メニューの「環境設定」から「PCの立ち上げ時にBetterTouchToolを起動する」にもチェックを入れておこう。

HUDオーバーレイでトリガーを確認

トリガーを選択した状態で、HUDオーバーレイにのジェスチャーがトリガーされたにチェックを入れ、HUDタイトルにサンプルのように適当にタイトルを入れて保存。この設定をすることで、トリガーが発動された時に画面上にグレーの小さなウィンドウで案内が表示されるようになる。もし、これが表示されていない場合は、トラックパッドやキーボードなどに問題があることが考えられる。
Bettertouchtoolが動かない場合

名称と操作が異なる

記事執筆時点で、トリガーで「3本指でタップ」を選んだのにも関わらず、ダブルタップしないと動かなかったので、上記のHUDオーバーレイでトリガーで動作確認することをお薦めする。

アプリの名前が違う

BetterTouchToolは、個別のアプリに対してジェスチャーを設定することができるが、アプリの中にはアップデートして名称が変更される場合もあるので、名前があっているかを確認。

アクセシビリティの制御許可の確認

アクセシビリティの制御を許可のところでも紹介したが、OSがアップデートされるとこれがリセットされる可能性があるので、チェック。

おすすめ設定

人によっt異なるので、これはいいなと思えるジェスチャーとか設定をピックアップ。

ピンチインでウィンドウを閉じる

様々なアプリのウィンドウを閉じれるので便利。

トリガー:ピンチイン
アクション:「Command + W」のキーボードショートカット送信

選択したテキストをGoogleで検索

これも同様に様々なアプリで選択したテキストをGoogleですぐに検索できる。

トリガー:2本指ダブルタップ
アクション:選択したテキストをGoogleで検索

3本指ダブルタップでフォルダ作成

トリガー:3本指ダブルタップ
アクション:「Command + Shift + N」のキーボードショートカット送信

Finderの一つ上の階層に移動

トリガー:好きなのをセット
アクション:「Commond + UP(上)」のキーボードショートカット送信

TipTapで前後の画面に移動

トリガー:好きなのをセット
アクション:「Commond + [(または])」のキーボードショートカット送信

タッチバーのカスタマイズもできるので、興味ある人はこちら。