テック・ガジェット・写真とか

Microsoft Teamsのライブイベントでパブリックを選択できない場合の対処法

Microsoft Teamsの有料版では最大で10,000人が参加できるライブイベントを作成できるのだが、デフォルトでは組織外の誰でも参加できるアクセス許可「パブリック」が選択できないようになっており、下記のメッセージが表示される。

これらのオプションの一部は、IT 管理者が有効にしていません

その「パブリック」を選択できるようにする方法をまとめてみた。

関連 Microsoft Teamsのライブイベントとは?ライセンスや招待などのやり方・使い方

Microsoft Teams管理センターにアクセス

まずは管理者権限のユーザーでMicrosoft Teams管理センターのライブイベントのポリシーページにアクセスしてサインインする。
https://admin.teams.microsoft.com/policies/broadcasts

パブリックのアクセスを許可する

メニューからアクセスする場合は、「会議メニュー」の「ライブイベントポリシー」とアクセスする。
Microsoft Teams管理センターのライブイベントのポリシー

そしたら、グローバルというメニューをクリック。
Microsoft Teamsのポリシーを変更

次に「スケジュールされたライブイベントに参加できるユーザー」の設定を全員に設定して、保存する。これで設定自体は終了だが、設定はすぐに反映されないので待つ必要がある。30か1時間以内には反映されるかと。
Microsoft Teamsのライブイベントのパブリック・アクセスを許可

Microsoft Teamsお薦めの本

お薦めのMicrosoft Teamsの本。

Microsoft Teams踏み込み活用術 達人が教える現場の実践ワザ できるビジネスシリーズ ¥1,663 Amazonで見る

Microsoft Teamsのやり方