テック・ガジェット・写真とか

Windows 11で右クリックメニューを戻す方法。旧仕様の表示に

Windows 11で右クリックメニューの表示方法が変更されて、これまでの右クリックメニューに慣れ親しんできたユーザーに取っては改悪ともになってしまったと感じる人も多いだろう。

そんなわけで、Windows 11で右クリックメニューを旧仕様の表示に戻す方法をまとめてみた。

なお、このページではクリックメニューを戻す方法について述べているが、カスタマイズしたいという人は下記記事を参照して貰えれば。

関連 Windows 11の右クリックのカスタマイズ方法。コンテキストメニューの編集

右クリックメニューを旧仕様で表示する方法

旧仕様の従来の右クリックメニュー自体は、完全に使えなくなったわけではなく、いくつかの方法で表示することができるようになっている。

「その他のオプションを確認」で表示

従来の旧仕様で表示する方法の一つとして、右クリックして表示されたメニューのその他のオプションを確認を選択する方法がある。

Windows 11で右クリックのその他のオプションを確認を選択

すると下記のように従来の旧仕様の右クリックメニューが表示される。

Windows 11の旧仕様の右クリックメニュー

Sfhift + 右クリックで表示

Windows 11のバージョンが22H2以降であれば、個人的には慣れてしまえば、これが一番簡単で楽に表示できるのが、Shiftキー + 右クリックで表示するというものだ。

新しくなったWindows 11の右クリックメニュー表示に脳を慣れさせつつ、必要に応じて従来のメニューをショートカットキーで素早く表示、という使い方が一番ベストだろう。

Shift + 右クリックでWindows 11の従来の右クリックメニュー表示

Windows 11のバージョン22H2にまだアップデートしていない人は、下記記事を参照してアップデートして貰えれば。

関連 最新のWindows 11にアップデートする方法。するべき?

フリーソフトで旧仕様に戻す設定方法

「SHiftキー + 右クリック」が面倒な場合は、「その他のオプションを確認」をデフォルト設定にしたい場合もあるかと思うが、「Windows 11 Classic Context Menu」というフリーソフトを使って右クリックを以前の右クリックメニューに戻す方法がある。

まずは、様々なソフトウェアを配布しているSordumのサイトにアクセスする。

ダウンロードページにアクセス

そしたら下記のような箇所まで画面をスクロールしてDownloadをクリック。

Windows 11 Classic Context Menuのダウンロードページ

「Download」をクリックして次のページに移動して暫く待つとファイルが自動でダウンロード開始される。

ダウンロードが完了するとダウンロードフォルダに「W11ClassicMenu.zip」というZIPファイルが保存されるので、ZIPファイルを右クリックしてすべて展開をする。

展開したフォルダを開くと、W11ClassicMenu.exeとうファイルがあるのでダブルクリックして起動する。このソフトウェアはインストールを必要としない。

Windows 11 Classic Context Menuを起動する

起動すると下記のような画面が表示されるので、クラシックなWin11コンテキストメニューを有効化をクリック。

Windows 11 Classic Context Menuでコンテキストメニューを有効化

確認画面が表示されるので、はいをクリック。

Windows 11 Classic Context Menuではいを選択

「はい」をクリックするとWindowsの背景画面が一瞬黒くなったり白くなって操作ができなくなるが、しばらく待つと操作できるようになる。

あとは、右クリックメニューを表示して確認を。

なお、Windows 11のデフォルトのコンテキストメニューに戻す場合は、「デフォルトのWin11コンテキストメニューを有効化」を適用で。

コマンドで戻す方法

管理者権限でWindows PowerShellのコマンドを戻すこともできる。

ただし、レジストリの編集をするのでWindowsの動作が不安定になったり不具合の可能性になる可能性があり、自己責任となるので自身がない人は上述のやり方をおすすめ

コマンドでレジストキーを追加する

まずはスタートメニューを右クリックし、表示されたメニューのターミナル(管理者)をクリック。

Windowsのターミナル(管理者)を起動

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と確認画面が表示されるので、OKをクリック。

そしたら、下記のレジストリ追加のコマンドをコピーする。

Copy
reg.exe add "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}\InProcServer32" /f /ve

起動したPowerShellに貼り付けてエンターキーを押す。

PowerShellにコマンドを貼り付け

そしたら右クリックメニューが旧仕様で表示されるかを確認し、表示されない場合は下記の手順でエクスプローラーを再起動する。

タスクバーで右クリックし、タスクマネージャーを選択。

タスクマネージャーの起動

エクスプローラーを右クリックして、再起動を選択。

Windows エクスプローラーの再起動

コマンドの削除

戻したいときは下記のコマンドをPowerShellに貼り付けてエンターキーを。

Copy
reg.exe delete "HKCU\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}" /f

レジストリでデフォルトを戻す方法

レジストリエディタを使って以前のメニューを表示させる方法。

まずは、①スタートメニューで、②regeditと検索し、③レジストリエディターを起動する。

レジストリエディターを起動する

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と確認画面が表示されるので、OKをクリック。

こんな感じでレジストリエディタが開く。

レジストリエディタ

そしたら下記のアドレスをコピーする。

Copy
コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID

上記でコピーしたアドレスをレジストリエディタのアドレスバーに貼り付けてエンターキーを押す。

Windows 11のレジストリエディタにアドレスを貼り付け

すると、CLSIDというキーまで移動するので、CLSIDキーを右クリックし、表示されたメニューの新規キーと選択してキーを作成する。(フォルダみたいなのが作成される)

Windows 11のレジストリエディタで新規キーを作成

今度は下記のキー名をコピーする。

Copy
{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}

コピーしたキー名を作成したキーに貼り付ける。

Windowsのレジストリエディタでキー名を貼り付ける

そしたらそのまま作成したキーを右クリックして、表示されたメニューの新規キーと選択してさらにキーを作成する。

レジストリエディタでさらにキーを作成

今度は下記のキー名をコピーする。

Copy
InprocServer32

新しく①作成したキーに貼り付け②既定をダブルクリック。

キーの規定をダブルクリック

値のデータ入力画面が表示されるが何も入力せずにそのままOKをクリックする。

キーの値を空のままOK

これで作業は終わりで、一旦Windowsを再起動すれば以前の右クリックがデフォルトで表示されるかと。

レジストリを削除する方法

上述のようにレジストリを作成して以前の右クリックメニューに戻したものの、やはりWindows 11の右クリックメニューに戻したい場合の手順。

まずは、①スタートメニューで、②regeditと検索し、③レジストリエディターを起動する。

レジストリエディターを起動する

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」と確認画面が表示されるので、OKをクリック。

そしたら、下記のテキストをコピーする。

Copy
regedit

レジストリエディタを起動したら、下記のパスをコピーする。

Copy
コンピューター\HKEY_CURRENT_USER\Software\Classes\CLSID\{86ca1aa0-34aa-4e8b-a509-50c905bae2a2}

①アドレスバーにパスを貼り付けてエンターキーで移動し、②{86ca1aa0…キーを右クリック、表示されらメニューの③削除を選択してサブキーと一緒に削除。

レジストリエディタでキーの削除

あとはWindowsを再起動すればOK。

Windows 11の右クリックメニューは改悪なのか?

Windows 11の右クリックメニューは、選択した対象に対して必要なメニューが表示されアイコンなどが採用されてスッキリで見やすい仕様に変更された。

これまでの「切り取り、コピー、名前の変更、削除」なんかはアイコンで表示されるようになり、直感的に操作ができるようになったと筆者的には感じている。

Windows 11の右クリックメニューは改悪?

右クリックを戻す方法を紹介してみたものの、古い仕様に戻すよりも右クリックをカスタマイズして利用した方が、今後のWindowsのアップデート改善でよくなるかもしれないし新しい機能が使えるかもしれないので、個人的にはカスタマイズでの利用をおすすめする。下記記事でのカスタマイズしたやり方をチェックして貰えれば。

関連 Windows 11の右クリックのカスタマイズ方法。コンテキストメニューの編集

ここからは、画像を右クリックして表示されたWindows 11と従来の右クリックメニューを比較検証してみたいと思う

  • Windows 11の新しいメニュー「ZIPファイルに圧縮する」は利便性が高い
  • 従来の「印刷」メニューはファイルを確認した上で印刷することがほとんどだったので右クリックで印刷はほぼ使用しない(筆者の場合)
  • 従来の「デバイスキャスト」、「7zip」などのソフト固有のメニューは個々の利用環境によるので、人によってはこのメニューがないと不便と感じる。(筆者はまったく感じない)
  • 従来の「以前のバージョンの復元」は使ったことがない
  • 恐らく従来の「送る」メニューは人によっては使う頻度が高い人もいる
Windows 11の右クリックメニューの比較

送るメニューについても見てみた。あくまでも筆者の場合

  • Bluetoothデバイス:使ったことがない
  • FAX受信者:FAXを使うとか、よっぽどの古い環境
  • FreeFileSync:個々のインストールソフトによる
  • デスクトップ(ショートカットを作成):デスクトップにあまりアイコンを出したくない派なので使わない
  • ドキュメント:ドキュメントにファイルをコピーするのだが、使わない
  • メール受信者:ブラウザでGmailを使うのでこのメニューは使っていない
  • 圧縮(zip形式)フォルダー:たまに使う事があるが、Winodws 11では利便性が高まった
Windowsの送るメニュー

比較してみた感じでは、送るメニューやインストールしているソフトなどの固有メニューが表示されないなどの問題が発生し、人によってはこれが改悪と感じる人もいるだろう。

人間には「慣れ」という素晴らしいスキルがあるので、まずはWindows 11の新しい右クリックメニューをしばらく使ってみてから、「改悪」どうかはもう一度判断するといいのではないだろうか。

関連記事

Windows 11の使い方一覧を見る

右クリック関連

表示関連

アップデートや初期化関連

ソフト関連