テック・ガジェット・写真とか

フォルダにパスワードをかける方法。Windows 11でのやり方

Windows 11でのフォルダにパスワードをかける方法についてをまとめてみた。

Windows 11としているが、Wwindows 10でもいけるかと。

Windowsでフォルダにかける方法

Windowsでフォルダにパスワードをかけるには、下記の3つの方法がある。

  1. Windows 10 Pro / 11 Proなら、EFSやBitLockerの機能を使う
  2. フリーのソフトウェアを使う
  3. 有料のソフトウェアを使う

フォルダにパスワードをかける方法/アタッシェケース

今回はフリーソフトで評判のアタッシェケースというソフトウェアを使ってフォルダにパスワードをかける手順を見ていきたい思う。

アタッシェケースは、2000年10月にアメリカ政府標準技術局(NIST)に採用されている暗号化標準 AES(Advanced Encryption Standard)を採用しているソフトウェアだ。

アタッシェケースのダウンロード・インストール

まずは下記のページにアクセスしてアタッシェケースのソフトをダウンロードしてくる。

アタッシェケースのダウンロード

アクセスしたら、Windowsインストーラーをクリックしてインストールプログラムをダウンロードする。

Windows用アタッシェケースのダウンロード

ダウンロードが完了するとダウンロードフォルダatcs4240.exeのようなファイルがあるのでダブルクリックしてインストールを開始する

言語の選択画面では日本語を選択してOKクリックで次へ。

アタッシェケースの日本語を選択

使用許諾の同意画面では同意するにチェックを入れて次へをクリック。

アタッシェケースの使用許諾の同意

インストール先の指定は、そのままで次へをクリック。

アタッシェケースのインストール先指定

スタートメニューフォルダの指定は、そのままで次へをクリック。

アタッシェケースのスタートメニューフォルダー指定

追加タスクの選択では、そのままで次へをクリック。

アタッシェケースの追加タスク

インストール準備完了画面も、そのままでインストールをクリック。

アタッシェケースのインストール

ウィザード完了画面では、そのままで完了をクリックしてアタッシェケースを起動する。

アタッシェケースのインストール完了

アタッシュケースでパスワードをかける方法

アタッシェケースが起動したら、①暗号化EXEを選択し、パスワードをかけたいフォルダを②ドラッグ&ドロップする。

初期設定では暗号化ATCが選択されるが、アタッシェケースのソフトをインストールしていないと利用できないので、インストールしていない場合でも自動でパスワード解除できるようにするのが「暗号化EXE」だ。

アタッシェケースの暗号化EXEを選択

そしたら、パスワード入力欄にパスワードを入力して、OKをクリック。

アタッシェケースのパスワードを設定

同様に再度、確認のためにパスワードを再入力して、暗号化をクリック。

アタッシェケースにパスワードを再度設定

終わったらOKをクリック。

アタッシェケースでフォルダにパスワード設定完了

完了すると下記のようなファイルが作成される。必要に応じて元のフォルダを削除しておくといいだろう。復元するにはファイルをダブルクリック。

アタッシェケースでパスワードをかけたファイル

パスワードを入力して復号/元に戻すをクリックでフォルダが復元する。

アタッシェケースでパスワードの復号

フォルダにパスワードをかける方法/7-Zip

7-Zipのダウンロード・インストール

もう一つのソフトウェアも紹介するが、zipファイルなどに圧縮などができる7-zipもフォルダにパスワードを掛けられる。

まずは下記のページにアクセス。

7-Zipのページにアクセス

64bit版をクリックしてダウンロード。

7-zipのダウンロード

ダウンロードフォルダの7z2301-x64.exeのようなファイル名をダブルクリック。

インストール先の画面では、そのままInstallをクリックして次へ、進むとインストール開始される。

7-zipのインストール

7-Zipでのパスワードのかけ方

実際の7-Zipでのフォルダへのパスワードのかけ方だが、まずはパスワードをかけたいフォルダを右クリックして、その他のオプションを確認を選択。

Windows 11で右クリック

メニューが変わったら、7-Zip圧縮と選択。

Windows 11で7-Zipで圧縮

7-Zipの設定画面が起動したら下記の設定を行う。

  1. アーカイブ形式
    • ポピュラーなzip形式を選択
  2. パスワードを入力
    • パスワードを入力。忘れないように
  3. 暗号化方式
    • ZipCryptoを選択。
  4. OK
    • OKをクリックするとパスワードのかかったzipファイルが作成される。
Windows 11の7-Zipでフォルダにパスワード

作成されたzipファイルを展開しようとパスワードを求められるかと。

関連 7zipの使い方。ファイルの分割・結合・圧縮・展開のやり方

関連記事

Windows 11の使い方一覧を見る