テクノロジー・動画・写真・デザインとか

BluestacksのAndroid端末を縦画面にする方法

前回の記事Android用エミュレータBluestacksのインストール&使い方まとめでBluestacksのインストールとAndroidの設定を行ったわけだが、今回はインストールが完了した後のBluestacksのAndroidエミュレータ画面が横画面のままで縦画面にならないので、その対処法を探ってみた。

以前は、通知領域からポートレートを選択すれば良かったみたいだが、できなくなったようだ。

アプリをインストールした状態だと、ホーム画面ではBluestacksのサイドバーにある縦横を切替えるアイコンが非アクティブな状態で、クリックすることができない。ただ、メニューの中にある「設定」画面に移動すると切替えることができたりで、謎仕様になっている。
bluestacksで縦画面にできない

設定画面で画面解像度を変更しようと試みるも、横画面サイズ比率の設定しか選べなかった。そんで、今回はこのホーム画面での横画面表示を縦画面にしようということで色々と探ってみたらStack Overflowにその解決方法が紹介されていた。

やり方は、Androidのテーマを変更できるランチャーアプリを使うってことだったが、とりあえず手順を見ていこう。
まずは、「Playストア」のアイコンをクリック。
Play ストアのアイコンをクリック

続きを読む


「nova」というキーワードを入力してアプリを検索する。検索候補にはnovaランチャーとか色々表示されるが、だいたいどれを選択しても結果は一緒になる。
novaランチャーを検索

Novaに関する様々なアプリが表示されるが、「Nova Launcher」ってアプリを選択。
Nove Launcherをクリック

続いては「インストール」。
Nove Launcherをインストール

電話や、端末上の画像、動画、音声、Wi-Fiなどの情報にアクセスすると確認が表示されるので、「同意する」を選択。
アクセス内容を確認して同意する

インストールが完了したら「開く」。
Nove Launcherを開く

するとNovaの設定画面に切り替わるので、設定を行なう。左下の「スキップ」で後で設定してもOK。
Bluestacksは、基本的に無料で利用できる代わりに広告を所々で表示するビジネスモデルとなっていて、こんな風に広告が表示される。とりあえずは、画面右上の「×」をクリックして閉じる。
広告を閉じる

とりあえずは「次へ」。
Nove Launcherの設定

まずは、テーマ選択。
テーマ選択

続いては、アプリドロワーのスタイルを選択。
アプリドロワーのタイプを選択

今度はドロワー開閉アクションの選択したら、「適用」して完了。
ドロワー開閉アクション

するとホームアプリの案内が表示されるので、「Nova Launcher」をクリックして「常時」を選択。
Nova launcherの設定を完了させる

ホーム画面に戻ったらアプリメニュー一覧のアイコンをクリック。
メニューをクリック

次は「Novaの設定」
Novaの設定を選択

「外観と操作感」を選択。
外観と操作感を選択

「縦画面固定」を選択で完了。
縦画面固定を選択

これで一応縦画面になったのだが。。。うーん、まーとりあえずはこれで画面を拡大してやるのもありなのかな。
縦画面になったのだが…

レジストリで画面解像度を変更

下記の箇所のレジストリのWidthとHeightを変更できるようだが、慣れている人以外はお薦めしない。
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Bluestacks\Guests\Android\FrameBuffer\0

Windows 10でのやり方となる。

  1. Windowsキーを押す
  2. 「regiedit」と入力してレジストリエディタを検索&起動
  3. 「\HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Bluestacks\Guests\Android\FrameBuffer\0」に移動
  4. GuestHeightとGuestWidthの値を変更

値のデータは10進数を指定して720などのように入力すればOK。

縦画面を利用したいならGenymotionを検討するのもお薦め。
AndroidエミュレータGenymotionのインストール方法

Android エミュレータ おすすめ まとめ

カテゴリ:Android