テクノロジー・動画・写真・デザインとか

これは欲しい!坂を登る電動スケートボードBoosted Boards

バック・トゥ・ザ・フューチャーのホバーボードが実現する未来が来るか分からないが、スケートボードが一つ進化をした。

2012年のクラウドファンディングKickstarterで公開され、目標額の10万ドルに対して46万ドル以上を集めて話題になった次世代の電動スケートボードBoosted Boardsが予約販売の受付を開始したようだ。

坂を登る電動スケートボードBoosted Boards

販売の予約受付自体は、下記のサイトの「PREORDER NOW」というボタンのリンク先ページから申し込めるが、現在、日本から購入が可能なのか問い合わせする必要がある。
http://boostedboards.com/

Boosted Boardsは、電動モーターとバッテリーが取付けられたスケートボードで無線のリモコンによって時速32kmまでスピードを上げることができる次世代の電動スケートボード。

最急勾配、15%(約8.5度)と急勾配な坂道でなければ、下記の映像のようにBoosted Boardsに乗ったまま坂道を登れることができる。
また、下り坂に対しても減速ができるようになっている。

Boosted Boardsのスペック。

  • モーターパワー:2000W
  • 最高時速32km/h
  • 走行距離:約9.6km
  • 最急勾配:15%(約8.5度)
  • 充電時間:2時間
  • バッテリー:リチウムイオン
  • 重量:約5.4kg~6.8kg

参照

価格(1ドル115円換算)

  • Boosted Single $999(約11万4千円)
  • Boosted Dual $1299(約14万9千円)
  • Boosted Dual+ $1499(約7万2千円)

参照

電動スケートボードとは言え、通常のスケートボードと変わらないのでやはり走るためのプッシュや、いざの時のためのフットブレーキの練習は必要。
また、それなりのスピードが出るのでサイトでは安全について、ヘルメットの着用、長袖、手袋をすることを強く薦めている。
その他の利用時の注意や疑問はFAQ(英語)を。

続きを読む

見た目は通常のスケートボードのノーズとテールにあるキックがないため、どちらかと言うとロングボードに近い。
Boosted Boards

見た目は普通のスケートボードのように見える

背面には、ツインモーターとバッテリーが搭載されている。
背面にはモーターとバッテリーが積まれている

サイドからのBoosted Boards

ヘルメットは必需品だろう。
ヘルメットは必需品

手にコントローラーを持っているのが分かる。
女性も軽やかに乗っている

女性が持っている大きさからして、それなりの大きさがあるように見える。
それなりの大きさがあるように見える

新たな次世代の電動スケートボード、横乗り系大好きな自分に取ってはぜひとも乗ってみたいものだ。
新たな次世代の電動スケートボード

日本国内のAmazonでは、様々な電動スケートボードが売られている。

ポータビリティ性をアピールしたプロモーションビデオ。

Techrunchの記者が紹介している映像。
結構なスピードが出ている感があり、やはりこれは欲しい。

セグウェイと言い、確実に面白い世の中になっている。