名刺で作る一眼レフ用即席フラッシュ用ディフェーザー

DIYって、Do It Yourselfの略らしい。
ってことで、一眼レフカメラに関するDIYな手作りネタ。

カメラを使用していると、夜間に撮影するという場面に直面することはあるだろう。
最近のカメラはISO感度が上がり、ある程度の暗さでも綺麗に撮れるようになってきたが、どうしてもダメな場合はカメラ標準のフラッシュを使用するか、ストロボを使うことになるだろう。

しかし、標準のフラッシュを使用すると、部分的に露出オーバーになったり、影が強い写真になってしまう事もしばしばある。
そんな時は、ディフューザーを使ったり、バウンス撮影をすることで柔らかい写真が取れるようになる。
しかし、ディフューザーを持ちあわせていなかったり、標準のフラッシュでは機器に固定され、バウンス撮影は出来なかったりする。

んで、そこで登場するのが名刺による手作りバウンサー。
名刺に切れ目を入れて、こんな風に指すだけ。

簡単だね。

でも、やっぱしっかりとしたフラッシュは欲しいという人はこういうのも。自分もこれと同じなのを使用している。
フラッシュが強い場合にはストロボディフェーザーを付けてやんわりと柔らかさを出す。

カラフルなディフェーザーを使うのも面白そう。

参照記事:DIY Photography

シェアする

フォローする
カテゴリ:写真