Microsoft Teamsでサインイン(ログイン)できない場合の対処法

デスクトップPCのMicrosoft Teamsを使っていると、サインイン(ログイン)できないことに見舞われることがあるが、それの対処法についてまとめてみた。

シェアする

目次

アプリを再インストールする

手軽にできる対処法として、アプリを一旦、アンインストールして再インストールする方法がある。これでうまくいく場合がある。

アンインストール方法はこちら。

再インストールはこちらを参照。

キャッシュを削除する

上記のアプリを再インストールした場合でもうまく行かない場合は、キャッシュによる原因が考えられるのでそれを削除する。

①アプリをアンインストールする

②キャッシュを削除する

アプリをアンインストールしたら、続いてはキャッシュフォルダの中身を削除する。

Macのキャッシュフォルダ

Macのキャッシュフォルダは下記の通りだが、user_nameは、自分のユーザー名。
また、「Library」は隠しフォルダになるのでキーボードショートカットCommand + Shift + .(ドット)で表示できる。アクセスしたらすべてのファイルを選択して削除する。

/Users/user_name/Library/Application Support/Microsoft/Teams

Windowsのキャッシュフォルダ

Windowsの場合は、下記のテキストをコピーしてフォルダのアドレス欄に貼り付けで直接移動できる。アクセスしたらすべて選択して削除する。

%AppData%\Microsoft\Teams\

③アプリを再インストールする

無料から有料に移行した場合

無料版のMicrosoft Teamsを使った後に有料版にアップグレードすると、無料版で登録したメールアドレスでサインインができなくなる。

有料版にアップグレードした時にこんな感じのメールアドレスでサインインする必要がある。

user@sample.onmicrosoft.com

独自のドメインを持っている場合には、それを認証することで独自のメールアドレス「name@sample.com」のような感じでサインインができるようになる。詳しくはこちら。

Microsoft Teamsの使い方

シェアする

カテゴリ:Microsoft Teams