テクノロジー・動画・写真・デザインとか

CDからハイレゾ音源を作成する方法

音楽界隈の話題としてハイレゾ音源が人気のようだが、iPhoneの音楽プレイヤーアプリNePLAYERを使うことでそのハイレゾ音源を再生することができるようになっている。

目次

そもそもハイレゾ音源とは?

一般的にCDの音源は人間の耳で聞くことができる範囲でも良質の音を収録したものであると言われており、情報量としてサンプリング周波数44.1KHzと量子化ビット数16bitでデジタル化されていて、これがCDの規格となっている。

そんでハイレゾ音源はこれをさらに上回る96KHz / 24bitや192KHz / 24bitでデジタル化されていて、スタジオ録音の音源に近く、高い音域や臨場感がある高解像度な音源であると言われている。

まー単純に数値がデカイ方が凄いってことだね。

Apple Musicなんかが定額配信している音楽データはCD音源よりも質が悪いが、音楽は聞ければいいという人にはこの数値は気にしていないと言えるだろう。

CDの音源をハイレゾにアップコンバートするdBpoweramp CD Ripper

CDリッピングソフトなどを使うことで44.1KHz / 16bitの情報量としてWavデータを抽出できるが、これでは96KHz / 24bitのハイレゾ音源に該当しない。

そこでdBpoweramp CD Ripperの登場だ。
dBpoweramp CD Ripperは、CDから96KHz / 24bitでWavデータを抽出アップコンバートしてくれるソフトだ。

44.1KHz / 16bitのデータをアップコンバートしたものが果たしてハイレゾなのか?という話もあるようだが、そもそもそんな人がこのページに興味を持ったりはしないだろうし、ここではこんなやり方もあるっていう紹介だ。

dBpoweramp CD Ripperのダウンロード&インストール

基本的にはシェアウェアで21日間のトライアルができるようになっていて、有料と無料で使用する場合の違いがあるが、無料版で物足りないなら有料版を購入するといいだろう。

Windows版とMac版の両方に対応しているが、今回はWindows版を主に紹介。
まずはここにアクセスして「Windows R15.3」をクリックしてダウンロード。
https://www.dbpoweramp.com/cd-ripper.htm
dBpoweramp CD Ripperをダウンロード

ダウンロードが開始されると「dMC-R15.3-Ref-Trial.exe」って言うファイルが保存されるので、それをダブルクリック。

そしたら「Install」をポチッと。
dBpoweramp CD Ripperのインストール

「Finish」でインストール完了。
インストール完了

設定

そんでプログラムがいくつインストールされるが、起動するのはdBpoweramp CD Ripper。
dBpoweramp CD Ripperの起動

起動するとコンフィグ画面が表示されるがとりあえずは閉じる。
OKをクリックして閉じる

AccurateRipについての案内も表示されるが、ここでは閉じる。AccurateRipは、ネット上のDBと照合してリップ内容が合ってるかを照らしあわせてくれる。
AccurateRipを閉じる

そしたらこの画面が表示されるので、「Options」をクリック。
オプションを選択

「Secure (Recover Errors)」と「Query Ripping Results with AccurateRip」のチェックを入れておく。
特にこの「Secure (Recover Errors)」は、CDデータを吸い出す時にエラーが発生した場合にリカバーしてくれる。21日間のトライアルが終了するとこれが使えなくなる。

iTunesなんかでCDからMP3ファイルをインポートするとさほど問題なく抽出してくれるが、Wavフォーマットの96KHz / 24bitはデリケートで、CDに傷なんかがあると抽出にエラーが非常に起きやすくなるので、このエラー時のリカバリーは重宝する。
Secure (Recover Errors)をオンに

CDのリッピング

続いてはCDのリッピングだが、流れ的にはこんな手順で開始する。

  1. Rip to: Wave
  2. Path: 保存先
  3. Uncompressed: 24bit 96KHz
  4. Rip:ポチッと

CDをリッピング

リッピングする前にアートワークの設定もしておくといいだろう。ネットから自動で検索したり、自分で用意したものを使って設定もできる。
アートワークを変更できる

先程も述べたようにCDに傷があったりすると抽出できない場合があるが、その場合には諦めてスキップすることも。
リッピングの失敗

Flacファイルに圧縮

上記の作業で一旦、ハイレゾ音源にアップコンバートできたわけだが一つのアルバムを吸い出したデータ容量を見ると、約1.5GBもあったりとビックリしてしまう。

そんでここでさらにもう一つ作業をすることになるが、ハイレゾ音源の可逆圧縮式の音声ファイルフォーマットFlacに変換して容量を抑える作業だ。

Flacとは?

Flacはサンプリング周波数1Hz – 655,350Hz、量子化ビット数4bit – 32bitをサポートしており、Wavフォーマットよりも容量を抑えつつもハイレゾ音源に対応し、しかも可逆圧縮式に対応しているので劣化無しでWavに戻せる素敵な音楽フォーマットだ。
ハイレゾ音源を販売しているサイトではこの形式なんかで販売したりしている。

実は先程のdBpoweramp CD Ripperのリッピング作業で直接Flacファイルに抽出することもできたが、ハイレゾ音源のサンプリング周波数などにアップコンバートできないのだ。

そんなわけで、インストールしたプログラムの中にもう一つ「dBpoweramp Music Converter」ってのがあるので、それを起動。
dBpoweramp Music Converter

そしたら音楽ファイルの選択画面になるので、先ほどのWavファイルを選択。
変換したいファイルを選択

そしたらこんな手順で設定して「Convert」をポチッと。
ちなみに「Lossless Level 8 (Highest)」と選んだが、圧縮率を最古のレベル8に設定したが、デフォルトはレベル5なっていて、レベルが高いほどファイル容量も大きくなるが、ここは自分のこだわりとHDDの容量に応じて。

また、特に紹介はしながいDSP Effectsの横にある「Add」で無音削除などの様々なエフェクトを追加できるようになっている。

  1. Converting To: FLAC
  2. Encoding Lossless Level 8 (Highest)
  3. Convert ポチッと

Flacの圧縮率を設定

コンバートが開始され、終わったら「Finish」。
Flacファイルに変換

実際に変換されたFlacファイルのプロパティを見てみた。サンプリング周波数は96KHz / 量子化ビット数は24bitにちゃんと変換され、容量も37%圧縮できている。しかし容量はまだまだデカイので、レベルはデフォルトがいいかもしれない。
Flacファイルに圧縮した場合の容量

ちなみにNePLAYERを120%活用するには、専用のイヤホンやヘッドホンを利用してその真価がわかる。

ポータブルヘッドホンアンプ、DACをチェックするのもいいだろう。

カテゴリ:Mac, Windows, 音楽