テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Chromeに放り込むだけでOfficeファイルを編集できる拡張機能が地味に便利

ふと気づいたら最近Officeのエクセルとか、パワポとかをあまり開いていない気もする。というのも仕事上でもっぱら開いているのはGoogleのスプレッドシートだったりする。よっぽどエクセルで関数を使って何かしなくちゃいけないってのがないのなら、スプレッドシートの共有機能で色々と作業をした方が効率が良かったりするからだ。

それはさておき、Microsoft Officeのエクセル、パワポ、ワードのファイルをGoogleドライブにアップロードして、Googleのスプレッドシート、スライド、ドキュメントに変換共有したいこともあるだろう。そんな時は、わざわざブックマークからGoogleドライブを開いてからファイルをアップロードしなくちゃいけないという面倒な作業が必要になったりする。

Chromeに放り込むだけでOfficeファイルを編集できる拡張機能

たいした操作じゃないけどそれでもそんなの面倒だ、と思っているあなたにお薦めなのがこのChromeの拡張機能。
ドキュメント、スプレッドシート、スライドで Office ファイルを編集

なんて長ったらしい名前なんだとか思いつつも使ってみるとこれが地味に便利だったりする。
Chromeのおよそ9割以上のあらゆるウィンドウやタブにMicrosoftのエクセルとか、パワポ、ワードのファイルをポイっとドラッグ&ドロップするだけで簡単にそれらのファイルを編集することができるのだ。

わざわざブックマークのGoogleドライブを探す手間暇がなくなり、YahooやFacebookなどのページ、或いはあんなサイトやこんなサイトを開いていようともポイっとするだけで編集ができるようになるのだ。

ちなみに9割っていうのは開けないページもある。WordPressの編集中の画面など、入力フォームとかのページでは開けなかったりする。

使い方

使い方というほどのこともないが、拡張機能をインストールしてOfficeのファイルをChromeに放り込むだけ。

実際の画面

これが実際の画面だが、残念ながら編集機能は制限されており、保存もできないし共有するにはGoogleスプレッドシートに変換する必要がある。また、アップロードしたファイルが日本語だとダウンロードした時にいい感じに文字化けする。
OfficeのファイルをGoogleドライブで開く

用途としては凄く限られるが手軽にChromに放り込むだけでGoogleスプレッドシートに変換したい時や、OfficeがインストールされていないPCでファイルを確認したいという時には便利だろう。

■関連記事

カテゴリ:Chrome拡張機能, Google