テクノロジー・動画・写真・デザインとか

規定アプリでMicrosoft EdgeからInternet Explorer等に変更できない場合の対処法

Windows10になってから新しいブラウザ「Microsoft Edge」が使えるようになったのだが、まだ使いづらい部分もあるかもしれない。

使いづらいと感じたり、やむなく以前に使っていたInternet Explorer11を規定のアプリとして再度利用したいこともあるだろう。そんな時は規定のアプリを変更してやればいい。そのやり方を紹介しておこう。

設定から規定のアプリをInternet Explorer11に変更する

まずは、Wnidowsキーをクリックして「設定」のアイコンをクリック。
Windowsアイコンをクリックして設定を選択

設定のウィンドウが開かれたら「システム」をクリック。
システムを選択

続きを読む

続いては「規定のアプリ」を選択。
規定のアプリを選択

ウィンドウをスクロールさせて「Webブラウザ」の項目のところにある「Microsoft Edge」をクリックして変更したいところだが、なぜだか設定がうまく反映されない。バグだと思うが、さらにその下の「アプリによって既定値を設定する」を選択。
アプリに寄って既定値を設定する

そうするとこんなウィンドウが表示されるので、Internet ExplorerやChromeなどの他のアプリを選択して「すべての項目に対し、規定のプログラムとして設定する」を選択して「OK」。
internet explorerを選択

ファイルから変更する

HTMLファイルがある場合には、それを使って変更するのもいいだろうが、やはりバグなのか規定のアプリは変更できるもののアイコンが変わらなかったりする。

一応手順。

HTMLファイルを右クリックで「プロパティ」を選択。
htmlファイルのプロパティを選択

続いては「変更」を選択。
変更を選択

さらにウィンドウが開いたらスクロールさせて「Internet Explorer」を選択。これで設定は完了。
ブラウザを変更する

関連記事

カテゴリ:Windows