テクノロジー・動画・写真・デザインとか

YouTubeで学ぶ日本人には難しい英語の発音のコツ

日本人にはなかなか難しい英語の発音。
カタカナ英語をそのまま使うと、まったくもって通じないこともしばしばあるのではないだろうか。

発音を勉強するのにもちろん発音記号を覚えるのも大事だが、YouTubeの動画を活用するのもいい。というのも、人間の脳は無味乾燥なテキストをみるよりも音楽や音声などの動画を見た方が何倍も記憶に残る。

なので、どうせなら楽しくやりたいということで、YouTubeで公開されている日本人には難しそうな英語の発音について解説している動画をまとめてみた。

ちなみに一からしっかりとやりたいならこの本フォニックス発音ってのがお薦め。フォニックスは、英語圏の子供が学ぶ「つづりと音」のルールをまとめたもの。英語圏の子供が発音することについて学んでいるのに、自分たちはまったくもってやっていないのならまずはそこから、という理にかなった本と言えよう。

それではみてみようかね。

目次

sheとsee, c, seaの違い

人気のYouTuberの一人、バイリンガール英会話のチカさんがsheとseeの英語の発音のコツを教えてくれる。

  • she 発音記号 [ʃíː]
  • see, c, sea 発音記号 [síː]

she(彼女)は、日本語の「さしすせそ」の「し」を伸ばす感じで「シー」と発音。ポイントは、歯を噛み合わせて口を横に伸ばす。

see(会う、見る)は、シィー。舌を前歯の裏に当てて、前歯だけ少し合わせるのがポイントだそうな。

早口言葉として「She sells seashells by the seashore」も紹介されている。

mとnの違い

  • m 発音記号 [ém]
  • n 発音記号 [én]

ポイントはmもnも花から息を吐く。

mは口を閉じ、舌はリラックスさせるイメージ。

nは口を開け、舌は上の歯の後ろにつける感じ。

lとrの違い

日本人には特に難しいと言われるlとrの発音だが、聞き取るのも意外と難しい。

  • l 発音記号 [él]
  • r 発音記号 [άɚ|άː]

lはわりと日本語の「ラリルレロ」と一緒なので、light [lάɪt]は日本語のライトとほぼ一緒。

難しいのはright [rάɪt]。
rは「ラリルレロ」の前に小さい「ゥ」を付けるイメージで、「ゥライト」。

leak & reak

続いてはリ行のleak & reak。

「漏れる」という意味のleak [líːk]は、「リーク」。

「臭い」という意味のreak (reekのスラングはreakらしい)。やはり冒頭に「ゥリーク」な感じで小さい「ゥ」を意識。

Loom & Room

次はル行のLoom & Room。

「織り機」という意味のloom [lúːm]。
「部屋」という意味のroom [rúːm]。さすがにここまでくると「ゥルーム」的な発音だというのは分かってくるんではないだろうか。繰り返すことで人は覚えやすくなるってことで。

lとrの発音ってことで、他にもLace & Raceとか、Lock & Rockが紹介されているので、気になる人はリンク先をチェックしてみるといいだろう。

thの違い

thank [θˈæŋk]はサンキュー、think [θíŋk]はシンクととりあえずカタカナ英語になってしまう人も多いかと。

thはとりあえず舌を出して、「さしすせそ」と発音するイメージでやるのがコツ。

yearとearの違い

year [jíɚ]とear [íɚ]。

ポイントは3つある。
①出だしの発音
yearの場合は「やゆよ」の「やぃ」をイメージし、口の中で発音し、舌の先をまるめててっぺんにあてるような感じで。
それに対し、earは口先で発音、舌はまっすぐにするイメージ。

②最後の部分の発音
earは「うr」で、全体的には「いうr」、yearは「ゆr」で、全体的には「やぃゆr」で終わる。

③伸ばし具合
earはあまり伸ばさない、yearは伸ばすイメージ。

vとbの違い

  • v 発音記号 [víː]
  • b 発音記号 [bíː]

boat [bˈəʊt]は、上の唇と舌の唇が完全に閉じる。
vote [vˈəʊt]は、上の歯を舌の唇の上に乗せる。

waterの違い

水という意味のwater、これが日本人には結構難しかったりする。

  • water [wˈɔːṭɚ, wάṭɚ|wˈɔːtə]

日本語の「悪(ワル)」のをイメージ(笑)するといいみたい。これはちょっと動画を見てもらった方がいい笑

WantとWon’t / WalkとWorkの発音の違い

  • want [wάnt]
  • won’t [wóʊnt]

won’tは、口が閉じたイメージ。「won’t」は、会話上では動詞がすぐつづくのでそれで区別するにようにする。
wantは「ワ」なので、大きく口が横に広がる感じ。会話上では「I want to go〜」のように「to」を意識するといい。

birthdayの違い

  • birthday [bˈɚːθdèɪ]

これは、ここまでやってきたb、r、thを観てくれば、なんとなく出来るのではないだろうか。

fastとfirstの違い

  • fast [fˈæst|fάːst]
  • first [fˈɚːst|fˈəːst]

fastは口を横に開く感じ、firstは口を真ん中にまとめる感じ。

colorとcollarの違い

  • color [kˈʌlɚ]
  • collar [kάlɚ]

「色」を意味するcolorは「カラー」。
「職種、労働階層、襟」を意味する「collar」。

発音の解説というよりも、単語の意味の解説になってるけど、それを知ることでまた深みも増してくるのかな。

発音に関しては、このサイトが面白い。様々な国の人がそれぞれの国の単語などをどうやって発音するのかを個々が発音してアップしている。興味のある人はチェックしておくといいだろう。
http://ja.forvo.com/