テクノロジー・動画・写真・デザインとか

エクセルで空白のセルをカウントしてくれるCOUNTBLANK関数

エクセルで空白のセルをカウントするには、COUNTBLANK関数を使う。

COUNTBLANK関数の概要

書式

COUNTBLANK(範囲)

サンプル書式

A1セルサンプル書式表示結果概要
=COUNTBLANK(A1)1空白セルなのでカウントされる
(半角スペース)=COUNTBLANK(A1)0半角や全角のスペースはカウントされない
=IF(1<10,””)=COUNTA(A1)1A1は空白だが、便宜上、数式を表示。空白文字列「””」を返す数式も空白としてカウントされる(*1)
続きを読む

A1B1C1サンプル書式表示結果概要
エクセル2013=COUNTBLANK(A1:C1)1複数のセルを選択して空白セルをカウント

COUNTBLANK関数の説明

COUNTBLANK関数は、空の空白セルをカウントしてくれる関数。

COUNTBLANK関数の注意すべき点は、見た目は空のセルなのに半角や全角のスペースが入力されている場合。
半角や全角のスペースは、空白のセルとしてはカウントされない。

また、(*1)のA1のサンプル書式=IF(1<10,"")のように、1が10より小さかったら空の文字列「""」を返して空白を表示するようにしてあるが、この場合は空白とみなされてカウントされる。

カテゴリ:エクセル関数