テクノロジー・動画・写真・デザインとか

エクセルで分を取得するMINUTE関数

エクセルのMINUTE関数は、指定したシリアル値の日付から「分」のみを取得して整数で返してくれる関数。

MINUTE関数の概要

書式

MINUTE(時間)

サンプル書式

A1セルサンプル書式表示結果概要
2013/5/31 21:48=MINUTE(A1)48A1の日付の分を取得して表示
3:15 PM=MINUTE(A1)15PMと入った時刻の「分」を取得して表示
41425.60625=MINUTE(A1)332013/5/31 14:33のシリアル値「41425.60625」の「分」を取得して表示
14:07=TEXT(MINUTE(A1),"00")071桁の分では頭に0が付かないので、頭に0を付けて2桁にしたい場合は、TEXT関数を利用
続きを読む

MINUTE関数の説明

MINUTE関数は、シリアル値の日付から「分」のみを0(秒) 〜 59(秒)の範囲の整数で返してくれる。

また、先ほどのサンプル書式3のように、2013/5/31 14:33のシリアル値「41425.60625」の「分」を取得して表示させることもできる。

シリアル値とは

シリアル値とは、1900年1月1日を「1」として、そこからの通算日数を数値化したもので、1900年1月30日であれば「30」となる。

なお、Mac版のExcelでは、1904年1月1日からが「1」とあるが、Mac版Excel 2011で確認したところ、1900年1月1日が「1」となっていた。

シリアル値の表示方法

通常であれば日付を入力した場合、「1900/1/1」のように日付が表示されるが、該当のセルを右クリックして「セルの書式設定」で「標準」又は「数値」を選択することでシリアル値が表示される。

ちなみに、「セルの書式設定」は[Ctrl]+[1]のショートカットキーで表示できる。

カテゴリ:エクセル関数