テクノロジー・動画・写真・デザインとか

エクセルで複数条件のいずれかを判定するOR関数

エクセルで複数の条件を判定するOR関数は、いずれかの条件を満たすかどうかを判定してくれ、IF関数とともによく使用される。

目次

  1. OR関数の概要
  2. IF関数とOR関数の併用例
  3. IF関数とOR関数、さらにAND関数との併用例

OR関数の概要

書式

OR(条件式1,条件式2,...)

サンプル書式

A1B1サンプル書式表示結果概要
20072013=OR(A1=2010,B1>2010)TRUE2010がA1の値と等しい、又はB1の値よりも小さいかどうかを判定
オフィス2013=OR(A1="エクセル",B1>2010)TRUEA1がエクセルという文字列か、又はB1の値が2010よりも大きいかどうかを判定
続きを読む

OR関数の説明

OR関数は、複数条件でいずれかの条件が一つでも満たされた場合には、TRUE(真)を、満たされない場合はFALSE(偽)を返してくれ、IF関数とともによく使用される。

上記の2番目のサンプルのように、数値や数式だけではなく文字列も判定して返してくれる。

IF関数とOR関数の併用例

IF関数と併用することで、複数条件でいずれかの条件を満たした場合には○○を表示し、どれも満たさない場合には●●を表示せよということができる。

A1B1サンプル書式表示結果
エクセルワード=IF(OR(A1="エクセル",B1="オフィス"),"対応ソフト","")対応ソフト

上記のサンプル書式は、A1にエクセルの文字列、またはB1にオフィスという文字列があれば、「対応ソフト」と表示し、いずれにも該当しない場合には、「””(空白)」を表示させる書式となっている。

IF関数とOR関数、さらにAND関数との併用例

IF関数とOR関数、さらにAND関数を併用して、例えば下記のようにワールドカップ出場権で、日本が後1点を取るか、オーストラリアが引き分けになった場合、日本がワールドカップ「出場決定」文字を表示できるという式を作ることができる。

A1B1C1D1表示結果
日本0オーストラリア0出場決定

■サンプル書式
=IF(OR(AND(A1="日本",B1>0),AND(C1="オーストラリア",D1<1)),"出場決定","残念")

流れとしては、最初のAND関数で日本が0点となったのでこのAND関数は満たされないのだが、次のAND関数ではオーストラリアの得点が0だったため、AND関数の条件をすべて満たすことになる。

そして、その外のOR関数で、そのAND関数のどちらかが満たされていればIF関数のTRUE「出場決定」を表示し、FALSEだった場合には「残念」を表示する。

カテゴリ:エクセル関数