これだけはやっておきたいFacebookのプライバシー設定

様々な人と繋がれることが楽しいFacebookだったりするのだが、プライバシー設定には気をつけたいところだ。ちょっとした事で自分のプライバシーがダダ漏れになったり、場合によっては自分の生活が脅かされることもある。

そんなわけで、アカウント(アカウントとは?)を登録した後や使用中の場合も含めてチェックして起きたいプライバシー設定をまとめてみた。

シェアする

目次

プライバシー設定の基本

Facebookには様々なプライバシー設定があるが、基本的には下記のようにそれぞれ公開範囲があり、地球アイコンは友だちになっていない、Facebookを利用していない不特定多数の人でも見れる状態になっている。なので、この全体に公開する地球アイコン以外の選択をしておけば、基本的なプライバシーは友達だけの範囲内で収まるようになる。

なので、ここでは基本的に全員に公開する地球アイコン以外への変更をした方がいい項目を紹介していきたいと思う。もちろん、逆に自分を アピールして売り込んでいきたい人なら地球アイコンにセットしておくといいだろう。

プライバシー設定

プライバシー設定の中にある様々な設定を見ていってみよう。

画面下部のタブメニューの右端にある設定メニューを選択し、表示されたメニューの設定とプライバシーの中にある設定を選択。

続いては、画面をスクロールしてプライバシー設定を選択。

プライバシー設定の一覧画面だが、特に重要な設定をチェックの項目は最低限やっておきたい。順番に見ていきたいと思う。

①重要な設定をチェック

ここでは下記の4つの項目について設定ができるが、特に1と3は設定しておきたい。

  1. コンテンツのプライバシー設定
  2. アカウントの安全確保
  3. Facebookでのあなたの検索
  4. Facebookのデータ設定

手始めにコンテンツのプライバシー設定をタップ。

コンテンツのプライバシー設定

そのまま次へ進む。

続いては、プロフィール情報と自分が誰と友達になっているかの友達リストを他の友達に見せるかどうかの設定を行う。基本的には友達に設定すればOKだ。

ちなみに、誕生日を公開設定にしていると毎年友達に通知が届いてお祝いのメッセージがもらえたりするが、その反面、友達が多い場合に「お返し」をすると大変だ。なので、お祝いのメッセージはこないが、自分もしたくないという場合は、公開範囲を「自分のみ」に設定を。(ちょっと寂しいけどね)

同様に「あなたがフォローしている人物やページ、リストを見ることができる人」の項目は、自分の趣味嗜好を知られたくない場合は「自分のみ」の公開で。

続いては「今後の投稿」と「ストーリーズ」の公開範囲。これも基本的に友達でいいだろう。言うまでもないが世界中の人に見てもらいたいなら「地球アイコン」に変更を。終わったら次へ。

ブロックリストについての詳細は別記事で紹介するので、次へ

別のトピックを確認をタップして戻る

Facebookでのあなたの検索

一覧に戻ったら、今度は「Facebookでのあなたの検索」を選択

すると下記画面に移動するので、次へ。

友達リクエストできる人の範囲は友達の友達で。

自分の「電話番号」と「メールアドレス」の検索対象の設定。これも「友達」にとどめておくといいだろう。公開してしまうと、繋がりたくない人とつながってしまう可能性がある。

最後にGoogleなどの検索エンジンでプロフィールが検索対象にならないようにオフにする。もちろん、有名になりたいならオンで。これで設定は完了。

②プロフィールを管理

こちらの記事知り合いかもと表示されるFacebookって足跡の裏技でバレてる!?にも書いたが、Facebookの「知り合いかも」と表示されたくない場合は、勤務先や出身校の登録は控えておくといいだろう。

既に登録している場合は各項目を選択して削除するか、公開範囲を変更。

タグ付けの設定に関しても設定しておきたい人はこちら。

ブロックについて知りたい人はこちら。

初心者向け基本ガイド

知っておきたい活用方法

退会方法

シェアする

カテゴリ:FaceBook