テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Facebookのタグ付けとは?使い方まとめ

Facebookだけに限らずSNSを使っていると「タグ付け」というキーワードに遭遇することがあるが、そのタグ付けとは何か?という紹介と使い方、プライバシー設定についてをまとめてみた。

目次

タグ付けとは?

タグ付けとは、簡単に言ってしまうと文字のみの投稿や写真を投稿する時に一緒にいる友達をそれらの投稿に関連付けるということだ。関連付けることによって、関連付けされた友達のニュースフィードなどにも投稿内容が表示され、その友達の友達にも投稿が共有される仕組みになっている。また、タグ付けされた友達の名前も表示され、それを辿れば他の人もその人のプロフィールページへアクセスができるようにもなっている。

なので、様々な人にキラキラアピールやリア充アピールができるわけだが、SNSでは様々な人とつながっており、場合によってはタグ付けされた友達がプライベートを誰かに見せたくない状況だったりする場合もある。ゆえに、タグ付けする時は状況によってはプライバシーに配慮が必要だ。

なお、Facebookのタグ付には文字だけの投稿に対してのタグ付けと、写真に対するタグ付けできるようになっている。

タグ付けできない場合

上記のようにタグ付けは少しプライベートな部分に関わるため、人によっては設定でタグ付けをタイムラインに表示させない設定や、内容を確認してから公開させるという設定を行っている場合がある。なので、できないと思っても気を使ってそっとしておくのが望ましい。

文字のみの投稿でタグ付け

ホームのニュースフィード画面で、今なにしてる?のスペースをタップ。
Facebookの何しているをタップ

いつものように文字を入力して、キーボードの上にある投稿オプションをタップ。
Facebook投稿オプションをタップ

表示されたオプションのタグ付けをタップ。
Facebookタグ付けをタップ

そしたら、一緒にいる友だちの候補が表示されているのでタップする。一覧にない場合は、検索欄をタップして検索するといいだろう。終わったら右上の完了をタップ。(当然ながら友達に既になっているのが前提条件)
Facebookでタグ付けする相手を選択

タグ付けされると下記のように表示され、タグを削除したい場合はタグ付けした人の名前をタップして表示された画面で選択を解除すれば削除できる。また、不特定多数の人に知ってもらう以外は、プライバシーに配慮ということで投稿の公開範囲は友達、あるいは友達の友達に留めておくといいだろう。後は右上のシェアをタップ。
Facebookでのタグ付公開範囲

特に問題がなければ、そのまま今すぐシェアをタップで投稿。
Facebookのタグ付のシェア確認

写真投稿でのタグ付け

ニュースフィード画面で写真をタップ。
Facebookで写真投稿を選択

投稿したい写真を選択して完了をタップ。
Facebookで投稿する写真を選択

写真に人の顔がある場合、下記のように枠線が表示されるが、とりあえずは写真をタップ
Facebookで写真をタップ

写真編集画面に切り替わったらタップしてタグ付けと表示されるので、タップ。
Facebookの顔認識

タグ付け候補が表示されるので該当する友達をタップか、検索欄を選択して検索。ちなみに、複数人をタグ付けできる。
Facebookで写真にタグ付けする人を選択

タグ付けした写真のタグを削除するには、タグをもう一回タップして、表示されたXをタップ。
Facebookの写真のタグ付けを削除 

さらにタグを追加したい場合は、友達をタグ付けのアイコンをタップ。特に問題がなければ、次へをタップして写真編集画面を終了。
さらにタグ付けしたい場合は追加する

写真にタグ付けした場合は、下記のように自分の名前と友達の名前が表示され、さらには写真にタグ付けした人の名前が表示される。文字の投稿同様、公開範囲は友達か友達の友達までに限定しておくといいだろう。これで一通りのタグ付け作業は終わりなので、必要に応じて文字を入れるなどしてシェアをタップ。
Facebookの写真タグ付けの公開範囲

後は確認をして今すぐシェアをタップで作業は完了。
Facebookでの投稿確認

友達以外のタグ付け

基本的に友達以外のタグ付けも可能で、例えば歌手などのライブなどに行った場合に、会場での写真投稿をすると共に写真に歌手をタグ付けするなんこともできるようになっている。

しかし、記事執筆時点ではスマホアプリからの友達以外のタグ付はできないのでPCで行う必要がある。なお、友達以外の人がタグ設定を許可していなければ、もちろんタグ付けはできない。

PCでの手順だが、写真投稿を選択し登録された写真をマウスオーバーしてタグ付けのアイコンをクリック。
PCでFacebookの友達以外のタグ付け

後は、写真をクリックして名前を検索して表示された候補を選択すればOK。
PCでFacebookの友達以外を検索してタグ付け

PC上での文字のみの投稿の場合には、友達以外のタグ付けはできない。そんな時は@を使うといいだろう。@Ariana Grandeのようにと入力すれば候補が表示され、投稿後にタグ付けした人のプロフィールページへアクセスできる。
Facebookの@を使ったタグ付け

友達リストを使った公開範囲の指定

冒頭で述べたように、タグ付けは友達のニュースフィードにも表示されるが、その友達がプライベートを見せたくない相手がいる場合もある。なので、例えば、高校の友達、大学の友達、サークルの友達などのリストを作成して、投稿時に公開範囲をその友達リストに限定して公開する方法もある。

友達リストの作成はPCからのみとなっているが、やり方はこちらを参考にしてもらえれば。
便利なFacebook友達リストの編集・非公開・制限のやり方

作成した友達リストはスマホからでも指定でき、投稿時の公開範囲を選択して表示されたメニューのもっと見るから選択すれば、下記のように変更することができる。
Facebookの友達リストを使った公開範囲指定

友達の写真投稿にタグ付け

タグ付けは、実は他の友達が投稿した写真に対してもデフォルトでタグ付けができるようになっている。

友達の投稿した写真をタップ
Facebookで友達の投稿写真をタップ

編集画面に切り替わったらタグ付けアイコンをタップし、写真をタップ
タグ付けアイコンをタップ

後は、表示された候補をタップすればOK。なお、友達の写真をタグ付けした場合でも、すぐに反映されない場合があるが、それは友達が設定でリクエストを受けてから公開する設定にしているためで承認を待つ必要がある。
Facebook友達の写真投稿にタグ付け

タグ付けのリクエストを受けたら

もし、自分の投稿した写真に対して友達がタグ付けするのを制限している場合には、リクエストは自動で送信され、受信した人はお知らせに届くのそれを開く。
Facebookのタグ付リクエスト

タグを追加をタップすれば承認となる。
タグ付けのリクエスト承認

タグ付けされた場合の削除方法

上記では主にタグ付け方法を紹介したが、今度は自分がタグ付けされた場合に削除したい場合の手順。

タグ付けされた投稿を表示してサブメニューをタップ。
Facebook投稿のオプションメニューをタップ

サブメニューが表示されたら、タグを削除をタップすればOK。
Facebookタグ付けの削除

タグ付けをさせない(拒否)設定

予め設定からタグ付けに関する設定をしておくことで、タイムラインへの非表示や確認して承認することができる。

サブメニューの中の設定を選択。
Facebookの設定を選択

タイムラインとタグ付けを選択。
タイムラインとタグ付けを選択

最低限やっておきたい設定。

  • タイムラインにある自分がタグ付けされたコンテンツのプライバシー設定
    「自分」に設定すると自分のタイムラインに表示されなくなる
  • 他の人があなたの投稿に追加したタグを他の人に表示する前に確認しますか?
    「オン」にしておけば、リクエストを受けてから公開できる
  • 自分がタグ付けされた投稿をタイムラインに表示する前に確認しますか?
    「オン」にしておけば、確認してからタイムラインに表示できる

タグ付けさせない(拒否)設定

関連記事

カテゴリ:FaceBookの使い方