テクノロジー・動画・写真・デザインとか

G Suiteとは?登録・Gmailドメイン設定のやり方【割引あり】

G Suiteとは?メリットやセキュリティについての続き。

G Suite登録・Gmailドメイン設定の仕方

登録

G Suiteを使うに当たり、ビジネスで使うドメインが必要だが、持っていない場合は予め取得しておくことをお薦めする。G Suiteの登録時にGoogleドメインからでも申し込めるが、少し割高だ。お名前.comか、Value Domainあたりが安いのでお薦め。

ドメインの取得ができているなら下記のリンク先にアクセス。

今回はBasicに登録、使ってみるを選択。
G SuiteのBasicを選択して登録

会社名と従業員数を選択して、次へ進む。会社名は後で変更が可能だ。
G Suiteに会社名と従業員登録

次に管理者の登録だが、姓と名と現在利用できるメールをアドレスを入力。既にドメインメールを使っている場合は、そのドメインメールアドレス以外の既に持っているGmailや携帯のメールアドレスなどを登録しておこう。ドメインメール設定後のパスワードを忘れた場合に、そのメールに認証コードが届くようにするためだ。
G Suiteに姓と名、メールアドレスを登録

先程も述べたが予めドメインを持っている前提で話を進めるので、使用できるドメインがあるを選択。「新しいドメインを購入する」のリンク先のGoogleドメインからドメインが購入できるようになっているが割高だ。
G Suiteでのドメイン使用

次は、「sample.com」のようにドメインの入力
G Suiteへのドメイン登録

ドメイン登録の確認がなされるので、問題なければ次へをクリック。
G Suiteへの登録

フィードバックの案内は、不安があるならOKをクリックして情報をキャッチアップするといいだろう。
G Suiteのフィードバック登録

続いては自分のメールアドレス用ユーザー名とパスワードを入力。終わったら「私はロボットではありません」にチェックを入れて、同意してアカウントを作成をクリック。
G Suiteへのログイン情報

設定したメールアドレスをGmailで使えるようにするために設定に進むを選択。
G Suiteの設置に進む

開始をポチッと。
G Sutieへのユーザー追加開始

次の画面に進んだら必要に応じて従業員用のユーザーを追加。終わったら、「現在〇〇を使用しているすべてのユーザーの〜〜〜」の箇所にチェックを入れて、次のステップへ進む。
G Sutieへのユーザー追加

ドメイン所有確認とGmailのドメイン設定

続いては、ドメイン所有の確認とドメインメールをGmailで送受信できるようにするための設定。ドメイン所有確認はいくつか方法があるが、MXレコードの編集をすることで一括でできて楽なので、別の方法を選択のプルダウンメニューから、ドメインホストのMXレコードの追加を選択。
G SuiteのドメインホストのMXレコードの追加

続いては、利用しているドメイン管理のサービス案内が表示されるので指示に従ってリンク先にアクセスしてログインし、ログインできました。にチェックを入れて次のステップへ。
MXレコード追加の手順1

次は「DNS編集」の箇所までアクセスする必要があるが、利用しているサービスによって異なるのでMXレコード設定一覧などを参考にしたり、ネットで検索してアクセスする。

自分はValue Domainを使っているので、下記の通りにアクセス。

ログイン画面左サイドバーのドメインをクリック

DNSレコード/URL転送の設定

該当のドメインを選択

下記がValue DomainのDNS編集画面だ。これを書き換えていく。
Value DomainでのMXレコードの書き換え

上記のようにドメイン管理サービスのDNS編集項目までアクセスできたら、G Suiteの案内のチェックを入れて次に進む。
MXレコード追加の手順2

するとドメイン所有権とドメインメールをG Suiteに切り替えるためのMXレコード情報が記載されているので、それをドメイン管理サービスのDNS設定に書き込んでいく。
G SuiteのMXレコード情報

上記の内容はこんな感じで記述する。所有権確認用のランダムな値の文字列を自分のと書き換えてコピペすればいけるかと。ちなみに「googl.com」の後に「.(ドット)」が入る。
mx xxxxx.mx-verification.google.com. 15
mx ASPMX.L.GOOGLE.COM. 1
mx ALT1.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ALT2.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 5
mx ALT3.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10
mx ALT4.ASPMX.L.GOOGLE.COM. 10

こんな風に。
G Suite用にMXレコードを書き換え

終わったら画面をスクロールしてG Suiteの指示通りにTTL設定に3600と入力して、保存
Value DomainのTTLを変更

そしたらG Suiteに戻ってチェックを入れて、ドメインの所有を確認してメールを設定をクリック。
G Suiteの設定ドメイン確認

上記の設定をクリックすると50分ぐらいかけて設定が行われるが、もしかしたらもっと早く反映されているかもしれないので、ドメイン設定したアカウントを使ってGmailにアクセスし、使用できるようになっていれば成功しており、失敗の場合は時間をおいてみるか、設定をMXレコードの設定を見直すといいだろう。

次は、プロモーションコードの発行・登録

カテゴリ:Google