Web・ガジェット・写真とか

GA4でGTMの設定をする方法。新規作成のやり方も

GA4(Googleアナリティクス4)を新規作成・登録をして、GTM(Googleタグマネージャ)に設定する方法をメモとしてまとめてみた。

関連 GA4で外部リンクのクリック数を計測する方法。特定サイトのやり方も

GA4を新規作成

まずはGoogle AnalyticsサイトにアクセスしてGoogleアカウントでログインする。

https://analytics.google.com/

GAの管理画面が開いたら+ プロパティを作成をクリック。

GA4のプロパティを作成

プロパティの設定画面が表示されるので、プロパティ名レポートのタイムゾーン時間通貨を設定して次へ進む。

GA4のプロパティの設定

続いては、ビジネス情報の設定だが、ここは任意なので必要に応じて設定をし、作成をクリック。

GA4のビジネス情報設定

次の画面に移動したらプラットフォームを選択。今回はウェブで設定を行うが必要に応じてAndroidアプリ、iOSアプリも選択。GA4ではクロスプラットフォームで解析できるようになっている。

GA4のウェブを選択

データストリームの設定画面が表示されるので、ウェブサイトのURLの入力とストリーム名を入力して、ストリームを作成をクリック。

GA4のストリームを作成

ウェブストリームの詳細画面が開いたら、「タグの実装手順」案内が表示されるが、このタグコードは使わず、GTMのタグコードを使う。もし、既にHTMLに貼り付けて利用している場合には削除をしておくといいだろう。

GA4のタグ設定手順案内

GTMのアカウントとコンテナ作成

そしたら、GTMの「アカウント」と「コンテナ」を作成していくので、まずはGTMのページにアクセス。

https://tagmanager.google.com/

新規にアカウントを作成するのだが「コンテナ」を作成してコードをHTMLに貼り付けるのだが、既に終わっている人は「コンテナ」を開いて次のステップへスキップを。

タグマネージャの画面を開いたらアカウントを作成をクリック。

GTMのアカウント作成

アカウントの設定でアカウント名、国を設定、同様にコンテナのコンテナ名、ターゲットプラットフォームの選択をして作成をクリック。

GTMのアカウント入力

利用規約が表示されるのではいをクリック。

利用規約の同意

アカウントとコンテナが作成され、GTMをインストール案内画面が表示されるので、コードをコピーしてHTMLの所定の場所に貼り付ける。

GTMのコードをHTMLに貼り付け

GA4とGTMの設定

次はGA4の測定IDをコピーしてGTMのタグに貼り付けて連携し、測定開始するための作業。

GA4の測定IDをコピー

まずは、GA4の測定IDをコピーしてメモをするためにGA4の測定IDが記載されている場所へのアクセスするのだが、手順のメモのために操作が少し前後する。

GA4の画面を開いて画面左下の管理アイコンをクリックし、データストリームを選択。

GA4のデータストリームにアクセス

続いては、データストリームの詳細をクリックして次に進む。

GA4のデータストリーム詳細をクリック

コピーアイコンをクリックして測定IDのコピー

GA4のデータストリームの測定IDをコピー

GTMの測定タグ作成

今度はGTMの測定タグを作成して測定開始をする。

サイドバーのタグを選択して、新規をクリック。

GTMのタグを作成

タグ設定画面が開いたら、①タグ名の入力、②タグ欄をクリックし、表示されたメニューの③GA4設定を選択。

GTMでGA設定を選択

タグの設定画面が表示されるので、先程の①GA4の測定IDを貼り付けて、②トリガー欄をクリックする。

GTMにGA4の測定IDを貼り付け

トリガー欄をクリックするトリガーの選択画面が表示されるので、All Pagesを選択。

All Pagesを選択

そしたら、右上の保存をクリックして保存する。

GTMのタグ設定を保存

プレビュー

タグ設定が終わったらGTMでの独自の作業として、プレビューと公開という作業がある。

プレビューは設定した内容が動作しているのかを確認するためのもので、公開前に動作確認をすることができる。

そしたら、プレビューで動作確認するためにワークスペースの右上のプレビューをクリック。

GTMのプレビューをクリック

Tag Assistant画面が立ち上がるので、GTMのタグを埋め込んでるサイトのURLを貼り付けて、Connectをクリック。

GTMのプレビューアシスタント

入力したURLのサイトが別ウィンドウで起動し、再度Tag Assistant画面を開くと下記のように接続成功の案内が表示されるのでContinueをクリック。

Continueクリック

タグ設定が成功すると下記のように設定したタグ名が表示される。これでプレビューの確認は完了。

GTMのプレビュー完了

公開

公開をクリック。

GTMの公開

バージョンを入力して公開クリックで作業は完了。後はサイトにアクセスし、GA4のレポート画面を確認。

GTMの公開設定

GA4関連書籍

分かりづらいGA4だが、わかってくると便利かなと思う今日このごろ。書籍でもっと学んでおきたい。

逆引きは色々と便利。

できる逆引き Googleアナリティクス4 成果を生み出す分析・改善ワザ 192 できる逆引きシリーズ ¥2,926 ¥2,926(記事執筆時点) Amazonで見る

基本的なGA4の使い方はこちら。

「やりたいこと」からパッと引ける Googleアナリティクス4 設定・分析のすべてがわかる本 ¥2,822 ¥2,822(記事執筆時点) Amazonで見る

GA4関連記事