テクノロジー・動画・写真・デザインとか

Gmailの添付ファイル容量は?効率的な大容量ファイルの送信方法

もはや手放せなくなったGmail。個人での利用はもちろん、ビジネスでも利用される信頼の高いGoogleのサービスの一つであるというのは言うまでもない。

関連記事:Gmailとは何か?Gmailを使うべき10の理由

さて、そんなGmailだが、メールのやり取りをしていると画像など様々なファイルを添付して送信することもあるかと思うが、その場合の添付できる容量に制限がある。その制限を超えた場合の挙動についてまとめてみた。

送信できるファイルの容量は25MB

基本的にファイルを添付して送信できるのは25MBまでとなる。

最近のスマホのカメラの性能は格段に向上して写真や動画の画質がだいぶ良くなったが、その半面、ファイルの容量が大きくなっている。1枚の画像ならば数MB程度で特に問題はないが、動画などになると数十MBは軽くいってしまう。

ちなみに、受信できる容量は50MBとなっている。
(なんか矛盾してる気もするが…)

Gmailの添付容量25MBを超えた場合

しかし、25MBを超えたファイルを添付して送信しようとすると下記のように案内が表示されるが、案内にあるように「OK」をクリックするとファイルがGoogleドライブにアップロード、そのファイルのリンクURLが生成されて、メールを受け取ったユーザーがそこからファイルをダウンロードできるようになっている。
Gmailの添付容量を超えた場合

そんでメールを受け取った側が、リンク先にアクセスするとアクセス権限をリクエストする必要があると。リクエストすると今度は送信した人の元にメールが送信されてそのファイルの許可を…。うーん、なんか効率が悪いね。

続きを読む

大容量ファイルを効率よく送る方法

大容量ファイルを効率よく送信するための手順としては、まずはGoogleドライブにファイルをアップロードしてから、ファイルを選択して共有したい相手のメアドを入力するのが1番手っ取り早い。
大容量ファイルを送る方法

特定の人ではなく、Webページなど不特定多数の人と大容量ファイルを共有したい場合は、共有リンクを生成してURLを共有するだけ。
不特定多数の人と大容量ファイルを共有

関連記事:本当に分かってる?!Googleドライブの共有方法

ちなみにGoogleドライブに保管できる1ファイルの容量は5TB

5TBのファイルを送るなんてことは、そうそうだないだろうけど。
参照:Google ドライブに保管可能なファイル – Google ドライブ ヘルプ

カテゴリ:Google