テクノロジー・動画・写真・デザインとか

乗っ取り防止に。Googleの2段階認証の設定・解除の仕方

GoogleのGmailやらGoogleドライブやらをドップリと使用している人もたくさんいると思うが、利用している上で気になるのがセキュリティ。そのセキュリティを高めるための手段の一つとして、2段階認証がある。

目次

2段階認証とは?

2段階認証は、Googleの様々なサービスにアクセスするたびに、パスワードとは別にSMSなどを通じて送られてくる認証コードを使ってログインするというものだ。

普段使用しているスマホやPC以外で自分のGoogleアカウントにログインがあった場合に、認証コードを求められるので、不測の事態が起こりパスワードが漏れたとしても認証コードをさらに通さないとログインできないようにするので、セキュリティは必然的に高まる。

言うまでもないが、2段階認証を設定していたとしても普段使用しているスマホにパスコードロックを掛けずに盗まれるというのはまったくもって論外である。

2段階認証の設定方法

Googleアカウントの2段階認証の設定は、基本的にSafariやChromeなどのブラウザでアクセスしてやるのだが、画面サイズによるレイアウトの違いは多少あるもののPCおよびスマホでの設定の流れは一緒である。

なお、今回はスマホでやっていこうと思う。

まずは、SafariやChromeなどのブラウザで下記ページにアクセスしてログイン
https://myaccount.google.com/security

上記のURLにアクセスしたら、画面をスクロールして2段階認証プロセスをタップ。
Googleの2段階認証プロセス

2段階認証の案内が表示されるが、同様にスクロールして開始のボタンをタップ。
Googleの2段階認証の開始

続いてはGoogleアカウントへの再ログインを求められるのでパスワードを入力してログイン
Googleアカウントに再ログイン

次は、現在使用している端末が表示されるので、それを確認して今すぐ送信をタップ。
Googleアカウントへのログイン確認

そうすると通知が届くのでそれをタップ。見逃した場合は、通知センターから確認するか画面を戻って再度送信すればOK。
Googleアカウントアクセスの通知

案内が表示されるので、はいをタップ。
Googleアカウントへのアクセス許可

今度はバックアップ方法として電話番号を登録する必要があるので、番号を入力して送信をタップ。
2段階認証のための電話番号

上記入力した電話番号に認証コードが送られるので、それをコピーして貼り付けて、次に進む。
Google用の認証コードを入力

最後に確認案内があるので、問題がなければ有効にするをタップで完了。
Googleの2段階認証を有効にする

認証方法

次回からは、上記で登録したデバイス(端末)以外でGoogleアカウントにログインしようとすると、登録したデバイスに認証の許可を求められるようになるので、必要に応じて認証を出せばOK。

上記の例ではiPhone 6sに通知が届き、それを開くと下記のようにログインしようとしている端末と場所が表示されるので、問題がなければはい、そうでなければいいえ、違いますをタップ。
認証の方法

下記はPCでのログイン時に表示される画面だが、よく使う端末ならばこのパソコンでは次回から表示しないにチェックを入れること認証を必要とせずにログインできるようになる。
PCでのGoogleアカウントの認証

2段階認証の解除・無効にする方法

まずは、SafariやChromeなどのブラウザで下記ページにアクセスしてログイン
https://myaccount.google.com/security

画面をスクロールして、2段階認証プロセスにアクセス。
Googleの2段階認証プロセスにアクセス

続いてはGoogleアカウントへの再ログインを求められるのでパスワードを入力してログイン。認証を求められたら、「はい」認証を許可しておこう。
Googleアカウントに再ログイン

ログインできたら、オフにするをタップ。
Googleの2段階認証をオフにうする

再度、確認が表示されるのでオフにするで解除・無効化できる。
2段階認証の解除・無効の確認

設定ができたら、早速メールを作成してみよう。

使い方一覧はこちら。

カテゴリ:Google