Google手書き入力のやり方・設定方法(iPhone・Android・Windows・Mac)

Googleは様々な方法でiPhone・Android・Windows・Macなどのデバイスを使って文字の手書き入力をサポートしているが、それらの設定方法ややり方をまとめてみた。

関連 Googleレンズ(LENS)の使い方

シェアする

目次

iPhone/Android

ブラウザの手書き入力を有効にする

iPhone、Androidのブラウザを使っている場合には、設定を行うことでGoogleの手書き入力ができるようになる。その手順。

Safari、またはChromeのブラウザアプリを開いたらGoogleのサイトにアクセス。
https://www.google.com/

そしたら左上のサイドメニューをタップ。

サイドメニューの設定を選択。

画面をスクロールして手書き入力を有効にする。後は画面下部の保存をタップして設定を保存する。

閉じる。

後はブラウザ上で手書き入力する。すると下記のように手書き入力ができるのが分かる。

右下の「g」をタップで手書き入力からキーボード入力に切り替えるのも簡単だ。ちなみに「0(ゼロ)」や「o(オー)」などのように似ている文字については、検索候補の欄に表示されるのでそこから選択するという形になる。なお、手書き入力ができるのは「google.com」のサイト上のみで、それ以外のサイトではできないので注意が必要だ。

Androidの手書き入力キーボードを追加する

Android 9以降の手順となるが、キーボード設定から手書き入力キーボードを追加できる。

文字入力できるアプリを開きキーボードを開いた状態で、キーボード変更キーを長押しすると下記のようにアイコンが表示されるが、指を離すか、そのまま指を上の「設定アイコン」までスライドしてキーボード設定を開く。

キーボード設定を開いたら、言語を選択。

次は、日本語を選択。

最後に手書きのキーボードにチェックを入れて完了をタップ。

実際の使い方だが、いつも通りキーボードを表示したら地球アイコンをタップしてキーボードを切替え。

後は手書きで入力するだけ。

ブラウザ版と似た感じになっている。

Windows/Mac

Google入力ツールオンラインを使う

Windows及びMacの場合には、ブラウザを使って下記のページにアクセスして使うのは比較的に手軽。ちなみに、Chrome、Safari、Firefoxで動くのを確認している。
https://www.google.com/intl/ja/inputtools/try/

アクセスしたらプルダウンメニューから日本語 手書き入力を選択。

すると手書き入力用ウィンドウが表示されるので、手書き入力する。終わったら確定ボタンをクリックで文字が入力される。

Chrome用拡張機能を使う

最後は、Windows、MacのChrome用拡張機能「Google 入力ツール」。

下記のページにアクセスしてChromeに追加をクリックしてインストール。
https://chrome.google.com/webstore/detail/google-input-tools/mclkkofklkfljcocdinagocijmpgbhab

ツールバーにアイコンが追加されるのでそれをクリックでして、ペンツールアイコンを選択。

するとブラウザに手書き入力ウィンドウが表示されるので、手書き入力して確定ボタンをクリックで手書き入力ができる。

関連記事

シェアする

フォローする
カテゴリ:Google