テクノロジー・動画・写真・デザインとか

えっ!?本物じゃないんだ!?驚異の高精細3D CGキャラクターアート画像

デジタル映像の進化により、もはや何が嘘で何が本物か分からなくなってきている映画の映像。
それは3D CG映像のテクニックが劇的に進化したおかげであるというのは、紛れもない事実。

今日は、どう見ても本物にしか見えないだろうっていう3D CGキャラクターアート画像をピックアップ。
脅威のコンピューターグラフィックを堪能しよう。

キャプテン・ジャック・スパロウ。
これをパッと見せられても、3D画像だなんて誰も思わないだろう。
キャプテン・ジャック・スパロウ

もう、トキメイて恋しちゃってもいいと思う。
可愛いお姉さんもCG。

ブルース・ウィリス。
若干、服をよく見ると作り物っぽく見えなくもない。
ブルース・ウィリスのCG

続きを読む

Bernadette。
女優さんなのかな?
これもパッと見、3D画像だとは思えない。
リアルなCGのお姉さん。

ブラックなスパイダーマン。
着ぐるみを着ていると、逆に、あー3D画像かなと思うけど、それでもクオリティは高い。
ブラック・スパイダーマン

ターミネーターのサイボーグ。
妙にリアルな作り物だと錯覚してしまいそうだ。
ターミネーター

夏って、いいよね。
夏って、いいよね。

他にも凄いのがあるので、もっと見たい人はこちら。
http://www.designyourway.net/blog/3d/highly-detailed-3d-characters-from-top-3d-artists-53-examples/

CG制作で難しい部類に入る「人間」。
それをCGWORLDが、CGによる「人間」の制作に関わるTips集としてまとめたのが、こちらの書籍。

ヒューマンCGキャラクター―リアルな「人」のCG制作テクニック

解剖学の観点から、ポリ割りを筋肉にそって配置する方法や、顔の筋肉が動く仕組みなど、人を作る、理解するために必要な情報が入っている感じがしました。

…続きを読む