DJI Ronin RavenEyeの使い方。充電や取り付けのやり方も。

DJIのジンバルシリーズ、Ronin-S, Ronin-SC, DJI RS 2, DJI RSC 2などとの互換性がある映像伝送システムRavenEyeについて、外部モニターとしてスマホに接続して映像を映し出すまでの接続方法、使い方などをまとめてみた。

RavenEye公式マニュアル

RavenEyeの説明書、公式マニュアルはDJIのサイトにある、「DJI RS 2 – RavenEye Image Transmission System User Guide v1.0」とう名前のPDFで閲覧やダウンロードができるようになっている。

PDFへの直アクセスはこちら。
DJI RS 2 – RavenEye Image Transmission System User Guide v1.0

今回は公式のマニュアルにはない細かい部分の使い方も紹介していきたいと思う。

RavenEyeの充電方法

RavenEyeの充電方法だが、USB Type-Cのケーブルとそれに対応した充電器が必要だ。もし、iPhone、AndroidなどのUSB C用充電器があれば、それを使うのも手だ。

RavenEyeの本体にはケーブルを差し込むためのポート穴が3つあるが、ポートが一つしか空いてない方の電源/通信ポートにUSB Type-Cケーブルを差し込み、充電器とつないで電源に差し込めば充電が開始される。充電中は白いランプが点滅し、完了すると3つのランプが点灯に変わる。

ちなみに自分はこのAnkerの急速充電器を使用している。USB Type-Cポートが2つ付いているので、RavenEyeを充電しつつ、ジンバル本体の充電もできるので時間を節約できる。

ジンバルとRavenEyeの取り付け・接続方法

続いては、ジンバルDJI RS 2を使ってRavenEyeとの取り付け、接続方法をサンプルで見ていきたいと思うが、それ以外のジンバルについては見た目のデザインなどの構造は異なるものの名称は同じなので公式のマニュアルと見比べて接続して貰えれば。

まずはRavenEyeのトランスミッター本体をジンバルに取り付ける。DJI RS 2の場合はチルト軸を少し傾けてロックすると作業がやりやすい。RavenEyeのUSB Type-Cの差し込み口が一つしかない方「電源/通信ポート」をチルト軸に向け、突起物が出ている部分をジンバルに①の方向にはめ込み、はめ込んだら②の位置までスライドさせる。カチッと音がするかと。

続いては、カメラ制御ポートにケーブルを接続する。最近のカメラであれば、USB Type-Cのケーブルだが、古いカメラの場合、Mini USBやmicro USBタイプの場合もあるので、適宜カメラのマニュアルを確認してもらえれば。

上記のカメラ側に接続したケーブルの反対側はUSB Type-Cになっているので、それをRavenEyeの2つある差込口の右側のRSSカメラ制御ポート(USB-C)に接続。

そしたら、RavenEyeの左側の差込口にHDMIケーブルをつないで、カメラ本体のHDMIのケーブルの差込口に接続する。これでケーブルの接続は一旦完了。

そしたらカメラの電源を入れ、ジンバルの電源ボタンを長押しして電源を入れる。

ジンバルの電源を入れると連動してRavenEyeの白ランプが付く。しかし、さらにRavenEyeの電源を長押しして赤ランプを付ける必要がある。

スマホに映像を伝送して映すにはWi-Fiに接続する必要があるが、Bluetoothがオンになっていると干渉する恐れがあるので、まずはBluetoothをオフにする。

なお、ここの手順で紹介したケーブルの接続の場合、ジンバル本体から録画ボタンの操作ができず、カメラ本体、またはスマホのRONINアプリで録画ボタンを押す必要がある。

iPhoneでの手順を紹介しているが、iPadやAndroidの場合でもRONINアプリを入れれば操作できるようになっている。

設定アプリを開き、Bluetoothを選択。

そしたら、Bluetoothをオフにする。

戻って今度はWi-Fiを選択。

すると下記のようにRavenEye-XXXXXXと機器名が表示されるので、それを選択。なお、表示されるまでに少々時間がかかる場合がある。表示されない場合は、一旦Wi-Fiの電源を切って再度オンにしてみるといいだろう。

接続用パスワード

パスワードを求められたら、初期設定の12345678を入力して接続する。

接続が成功していれば、RavenEyeのランプが青く光っているはず。

後はRONINアプリを起動して、Bluetoothや位置情報へのアクセスを求められるので、許可を出しておく。接続が成功していればRavenEyeカメラビューをタップすれば、スマホで映像を確認しながら撮影ができるようになる。なお、冒頭で紹介したケーブルの接続方法だジンバル本体の録画ボタンは操作できないので、カメラ本体かスマホに表示されている録画ボタンを使う必要がある。

RONINアプリの操作方法

画面説明の詳細は、公式サイトのPDFDJI RS 2 – RavenEye Image Transmission System User Guide v1.0を見て貰えれば。

画面説明

  1. RavenEyeトランスミッター本体のバッテリー残量
  2. システム設定
    ガイドフレーム、アスペクトマーカーなどのシステム設定ができる
  3. 写真/動画撮影モードの切り替え
  4. シャッター/録画ボタン
  5. 再生
    動画の場合、解像度1920 x 1080で動画がスマホに保存され、簡易チェックができる
  6. カメラ設定
    カメラの絞り、シャッター速度、ISOの設定ができる
  7. RavenEyeアシスタント
    ゼブラパターン、フォルスカラー、フォーカスピーキング、LUTなどの設定ができる
  8. ジャイロセンサー/仮想ジョイスティック
    スマホのジャイロセンサーに合わせてジンバルを動かせる「Force Mobile」や「仮想スティック」の設定ができる。スマホでジンバルを動かしたい場合は、ここでスイッチをオンにする必要がある
  9. センターリング
    ジンバルの向きをセンターに戻す

アクティブトラック

人物や物体をスマホの画面上でドラッグするとトラッキングできる。最適な性能を得るには焦点距離24mm(35mm判換算)レンズで、アクティブトラック速度は20に設定することが望ましいらしい。

ジンバルを遠隔操作

スマホを使ってジンバルを遠隔操作したい場合は、ジャイロセンサー/仮想ジョイスティックをタップして設定する必要がある。

Force Mobileを有効にするのスイッチをオンにする。必要に応じてパラメーターを調整。これで、スマートフォンを上下左右、斜めなどの方向に動かすとそれに合わせてジンバルが動くようになっている。ちょっと楽しい。

仮想ジョイスティックの場合も同様にスイッチをオンにする必要がある。

シネマスコープのアスペクト比2.35:1のガイド設定

撮影した動画を映画のようなシネマスコープのアスペクト比2.35:1にしたいと思う人もいるだろうが、撮影後だと画面の上下が途切れる場合もある。それを避けるという意味で、予めそのガイドを設定して撮影に望むことができる。

画面右上のシステム設定を選択。

アスペクトマーカーを選択。

最後にアスペクト比2.35:1を選択。

RavenEye関連記事

動画撮影するなら安価で高速なCFExperess Type-Bのメモリーカードをおすすめ。

Smallrigのハンドグリップを付けて、ジンバルをさらに持ちやすくする。

シェアする

カテゴリ:
動画制作